~三つのテーマで輝くウィンターイルミネーション~ 備北イルミ

 

 広島県庄原市にある「国営備北丘陵公園」で、冬行われるウインターイルミネーション「備北イルミ」に行ってきました。

国営備北丘陵公園イルミネーション 備北イルミ

備北イルミは中国地方唯一の国営公園である国営備北丘陵公園で11月中旬~1月初旬まで行われているイルミネーションイベントです。

散策記

(訪問日2015年12月)

駐車料金と入場料を合わせ720円を払い、第一駐車場に車を停めて入場。
「備北イルミ」では、3つのエリアでそれぞれテーマを持ったイルミネーションを見ることが出来ます。

中の広場

第一駐車場から入ってすぐの「中の広場」

テーマは「メルヘン広場」

丘陵地に生える樹木に飾りつけられた電飾が、光る森を演出しファンタジックな景観を見せています。

繊細な電飾が丁寧に飾られた木々は、夜空に浮き上がるように輝いていました。

丘陵周りのイルミネーションも、テーマに即してメルヘンチックなものです。

ひばの里

農家や水車小屋など明治初期の景観が再現され、そのロケーションを活かした和風のイルミネーションを見ることが出来ます。

中の広場で見られる光景は西洋の童話を連想させたが、このエリアでイルミネーションが描いているのは日本の昔話です。

エリアのテーマは「冬桜」
冬枯れの樹に飾られたイルミネーションは、まるで輝く枝垂桜の様でした。

大芝生広場

テーマは「フレッシュクリスマスツリーの森」

たくさんの木々に電飾が飾られ、輝くクリスマスツリーの森が造られています。

遊具でできたお城のような建築物もライトアップされていました。

丸い屋根が、どことなくアラビア風の建物のようにも見えます。
メルヘン、昔話のテーマに合わせてアラビアンナイトを意識しているのでしょうか。

まとめ

公園のロケーションを活かして丁寧に飾られたイルミネーションは、入園前の予想よりはるかにクオリティの高いものでした。
来年のテーマが今から楽しみです。

基本情報

所在地 広島県庄原市三日市町4-10 国営備北丘陵公園 

交通アクセス

JR芸備線備後庄原駅から車(タクシー)で10分

JR芸備線七塚駅から徒歩20分

料金

入園料大人410円・小人(小中学生)80円・(65歳以上)210円

駐車料金310円

追記 ライトアップ期間

 2017年のライトアップ期間は11月11日~2018年1月8日までのようです。