高源寺 ~名刹を彩る天目カエデの紅葉~

丹波紅葉三山の一つに数えられる名刹、高源寺を訪ねた。

目次

 

西天目瑞厳山 高源寺

高源寺は、1325年(鎌倉時代)に遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師によって開創された、臨済宗中峰派(りんざいしゅうちゅうほうは)の本山だ。

高源寺号は1326年に後醍醐天皇よりおくられたものである。

戦国時代、織田信長の丹波攻略で建物を焼失したが、その後、天岩明啓(てんがんめいけい)禅師や弘巌玄猊(こうがんげんげい)禅師の尽力。

また柏原藩の援助もあり再建され現在に至っている。

 美しい天目楓が有名で、丹波紅葉三山の一つに数えられる。

散策記

(訪問日2015年11月)

入山料300円を払い惣門に向かう。

紅葉シーズンの始まりを告げる山開きは、訪問日の数日前。

紅葉狩りには少し早いかと思ったが、参道の楓はあざやかで若干緑は混じるものの、見頃を迎えつつあった。

 

山門 

参道を歩き、石段を上がると重厚な山門がたっている。

仏殿

山門をくぐると天満宮がお祀りされ、正面には入母屋造りの仏殿が建つ。

仏殿の東西には、戦没者慰霊碑のある広場と心字池のある庭園が広がっている。

広場

心字池

心字池を形造る、時を経て苔むした石組は、緑の鮮やかさを見せると同時に枯淡の趣を醸している。

紅葉、多宝塔と並ぶこのお寺の見所だろう。

方丈 鐘楼

仏殿から北にあがると方丈。方丈の東には鐘楼がある。

多宝塔

鐘楼から少しの場所に橋が架かり、橋を渡ると多宝塔に参拝できる。

多宝塔に参拝したあと散策道を通り惣門の方へ戻った。

今回の散策では、紅葉につつまれた名刹で丹波に訪れた秋を満喫することが出来た。

 まとめ

境内全体に、落ち着いた雰囲気のただよう名刹である。

紅葉の最盛期には、ライトアップも行われている。

基本情報

所在地 兵庫県丹波市青垣町桧倉

交通アクセス 

電車 JR福知山線「柏原駅」下車~神姫バス「大名草」行き(約50分)→「桧倉」下車→徒歩(約10分)

車 北近畿豊岡自動車道(青垣インター)より車で約10分

料金 入山料 大人300円 小・中学生100円 小学生以下 無料

入山時間は午前8時~午後4時30分(10月~3月 午前8時30分~午後4時30分)閉門は午後5時