Titan Quest (タイタンクエスト)をプレイ(1)

f:id:stgk:20180330172953p:plain

 

先日、PS4版/X-BOX ONE版がリリースされた「Titan Quest」というゲームを購入しました。

筆者はPS4のみ所持しているため、PS4北米版を購入。

比較的ボリュームのあるゲームであるため、本作の記事についてはある程度進めるところまで連載形式でお送り致します。

ではどういう作品なのかの紹介も兼ねて、ゲームシステムにも順次触れながら黙々とやってまいります。

 

 

商品基本情報

 

(PS4/X-box ONE版の商品情報です)

 

販売:THQNordic

開発:Iron Lore Entertainment

発売日:2018年3月23日(欧州/北米版)

筆者の購入価格:4,593円(Amazon.co.jp)

ESRB:T(12歳以上推奨)

PEGI:12(12歳以上推奨)

 

 

 

Titan Questというゲーム

 

f:id:stgk:20180330190414j:plain

 

オリジナルは10年以上前にPCで発売された同名ゲームで、「Diablo」シリーズ等で知られる「ハック&スラッシュ」所謂ハクスラタイプのアクションRPGです。

舞台背景はギリシア神話がベースのようで、オープニングムービーでも眼を見た者を石の姿へと変えてしまう妖異ゴルゴンの姿や、馴染み深い神々の名前がNPCの会話やアイテム名から窺えたり。

ユーザーインターフェース、操作面なども含めてハクスラ作品としては比較的シンプルな作りにまとまっていますが、それだけに取っつき易く黙々と遊べる中毒性の高さがあります。

 

 

テキストは日本語対応

 

現状PS4版「Titan Quest」は欧州/北米版がリリースされていますが、日本版の販売は未決定。パッケージ裏にも対応言語の中に記載自体はありません。

ですが将来的に正式に対応する予定があるのかゲーム内ではシステム、テキスト何れも日本語に対応しており、トロフィーも日本語できっちり表示されます。

(特に設定する必要もなく、起動時に日本語へと自動で切り替わります。)

オープニングムービーなど一部の場面では字幕がついていないのでそこだけは我慢が必要です。

 

 

 

キャラクター作成

 

まずは操作キャラクターの作成を行います。

 

f:id:stgk:20180330190614j:plain

 

デフォルトでの名前は「Alexious」になっていますが、日本語に切り替わっていることもあってか、全角ひらがなやカタカナも名前に使用できます。

 

今回は名前が特に思いつかなかったのでストレートにデフォルト名をカタカナに。

 

他に弄れる項目は性別とチュニックの色(5種類から)くらいです。

複数キャラクター作成が可能ですが、顔造形などのキャラモデリングが出来ないようなのはやや残念なところ。

 

本記事ではオフライン感覚でプレイできるシングルプレイでのんびり進めて参ります。

本作はマルチプレイ対応ですが、PS4版でマルチプレイモードを遊ぶにはPSPlus登録&課金が必須となります。

 

 

 

基本操作

 

左スティック:移動

右スティック:カメラズームイン・アウト

十字キー:クイックスロットスキル使用

□ボタン:通常攻撃/ターゲット切り替え(長押し)/インベントリ内アイテム整理

×ボタン:決定/調べる/会話/アイテムを拾う

〇ボタン:キャンセル/武器切り替え

△ボタン:(スキルポイント分配時などで)元に戻す

L1ボタン:ヘルスポーション使用

R1ボタン:マナポーション使用

L2ボタン:クイックスロット切り替え

R2ボタン:クイックスロットメニュー

タッチボタン:メニュー/アイテムTipsの表示・非表示

OPTIONボタン:オプション

 

海外ゲームらしく×ボタンが決定、〇ボタンがキャンセルであるためこのタイプの操作に耐性がない内はしばらくやりにくいかと思いますが、やってる内に慣れてきます。

 

 

 

ACT.1(1):ヘロスの道~ヘロスの村

 

旅立ちの地となるヘロスへの道周辺で、まずは本作の基本操作とゲーム全体の流れについて慣れていきます。

 

すぐ近くに何やら困っている農夫がいるので、会話をしてみると簡単なサイドクエストが発生。開始早々いきなり初めての戦闘です。

f:id:stgk:20180330191115j:plain

 

馬を脅かすイノシシ達を片づけたら農夫に報告。お礼として報酬をもらえます。

 

f:id:stgk:20180330191654j:plain

 

戦闘の手ごたえを掴んだら、このまま道なりに最初の目的地となるヘロスの村を目指します。

 

f:id:stgk:20180330191941p:plain

 

村長に話しかけると早速メインクエストが展開。

「サテュロスの一団に農場を追い出されてしまった」ということで、奪還へと向かいます。

いきなり直行するのも危険と思われるので、まずは道中で敵を倒しつつ少しでも良い装備を整えるところから。

 

 

装備品の更新

 

タッチボタンを押す事でメニュー項目を開けます。

装備品やステータスを確認したい時はサークル状に並んだアイコンの一番上のものを選択。

 

f:id:stgk:20180330193020p:plain

 

装備は武器がプライマリ(第1)とセカンダリ(第2)の計2枠、防具がで計4枠、アクセサリが計2枠、ビーズやネックレスを装備できるスロットが1枠。とそれぞれ分かれています。

 

所持品はウィンドウ下部のインベントリに入手したアイテムがずらっと並んでいます。

各装備品にはグレードがあり、アイテム名のフォントカラーで判別が可能。

 

白色、黄色、緑色、水色の順にレアリティが高く出現しにくくなっていますが、レア度の高い装備品はその分基本的に追加効果が複数ついていたり、性能や内部価格が高くなっています。

 

 

マスタリー選択とスキルポイント割り振り

 

f:id:stgk:20180330201708p:plain

 

道すがら装備品を狙いながら敵を狩ることでレベルも1つアップしました。

本作ではレベルアップと同時に1レベル毎にスキルポイントが3つ獲得できます。

 

f:id:stgk:20180330201910p:plain

 

スキルにポイントを割り振る前に、まずは複数あるマスタリーの内からいずれか1つを選ばなければいけません。

筆者は弓が好きなので、今回はハンティングに決定。

ちなみにレベル8に到達することでもう1つマスタリーを選択することができます。

 

f:id:stgk:20180330202155p:plain

そしてこちらが先ほど選択したハンティングマスタリーのスキルウィンドウ。

スキルポイントは任意のスキルに割り当てるか、マスタリースキルに割り振るかの2通りの振り方があります。

 

各スキルは使用可能となるマスタリースキルのラインが決まっており、あらかじめ必要なラインまでスキルポイントをマスタリーに割り振っていないと習得ができません。

 

f:id:stgk:20180330203055p:plain

 

例えば4と10のラインの間に一列に並んでいるアイコンのスキルは、いずれもハンティングマスタリースキルにあらかじめ10のスキルポイントを振っていないと習得ができない、という仕組みです。

 

スキルのタイプはクイックスロットに登録して使用するアクティブスキルと、習得後は発動条件を満たす事で自動で発動するパッシブスキルの2種類。

それぞれスキルアイコンの形がアクティブなら□、パッシブなら〇と分かれているので、どちらのスキル属性なのかはこれで判別ができます。

 

ハンティングマスタリーでは槍と弓の2種類の武器に特化したスキルを習得できますが、ひとまずはスキルポイントは弓メインの構成に。

(後々槍も弓もどちらも使い分けていくことにはなってきますが)

 

ポイント割り振り後に〇ボタンでメニューを閉じた場合、スキルポイントの振り直しはできなくなるので、よく確認してから閉じましょう。

 

 

 

 

ACT.1(2):ダークサテュロス~シャーマンを討伐

 

農場をわが物にしているというサテュロスの一軍を討伐に向かいます。

f:id:stgk:20180330204444p:plain

 

ダークサテュロス~シャーマンは取り巻きのサテュロス達と比べて、身体も一回り大きく魔法で攻撃してきます。

とはいえまだまだ序盤の敵。攻撃は単調なので、相手の魔法を確実に回避しながら合間に弓攻撃を叩き込む戦法で少しずつ体力を奪っていきます。

 

f:id:stgk:20180330205024p:plain

f:id:stgk:20180330205041p:plain

 

無事討伐も済んだので、村長に報告。

クエスト「ヘロス村の災難」完了

メインクエストは報告が終わった直後にすぐ次のクエストへと更新されます。

 

 

 

といったところで導入部分も含めての紹介となりましたが、ひとまず今回はここまで。

まだほんの冒頭の紹介でしかありませんが、次回もシステムの紹介を少しずつ交えながら本作について書いていこうと思っております。

 

この記事を書いてる時点でPS4北米版は少し手に入れにくくなっていますが、それ以外のバージョンならば比較的手に入れやすいと思います。

発売からまだ1週間ほどでまだまだ取り扱いも始まったばかりだと思うので、在庫も次第に落ち着いてくると思います。

 

とても魅力的なゲームなので、本記事で少しでもこのゲームが気になったという方は是非お試し下さい。

 

 

(次回へ続きます)

www.banshu-doukoukai.com