龍珠院 ~あきる野市の桃源郷~

 

「あきる野市」に建つ「龍珠院」で春の花を見てきました。

目次

龍珠院

龍珠院は、多摩川支流 秋川の北側にある臨済宗の寺院です。

1363年(貞治2年)に開創され、600年の歴史を持っています。

御本尊は観世音菩薩です。

現在は花の寺として有名で、春には多くの観光客が参拝に訪れます。

散策記

(訪問日 2017年4月)

 武蔵五日市駅からバスに15分程乗車し、荷田子で下車。

のどかな山里を、5分程歩くと龍珠院が見えてきました。

その外観は華やかそのもの。

菜の花・桜・ミツバツツジなど、春を代表する鮮やかな花々が咲き誇る光景は、まるでおとぎ話の一場面のようです。

その鮮麗な風景に見惚れていると一陣の風が吹き、桜の花片が舞い散りました。

「ここは、桃源郷ですかな。」

幻想的にすら思えるその光景に、しばし呆然としました。

石仏の並ぶ参道を登り参拝した後、周囲を散策。

(本堂 )

 

(境内の堀には鯉が泳いでいました。)

境内からの眺め

これだけの花々の手入れは、かなり手間がかかると思います。

それを、拝観料もなしに見せてくださる厚意に頭が下がります。

まとめ

門前だけでなく、境内全域がフォトジェニックでどこを見ても絵になるお寺です。

素晴らしい景観でしたが、訪問時の枝垂桜は5~6分咲きでした。(その他の花は満開でした。)

枝垂れ桜も満開ならば、もっと綺麗だったと思います。

秋の、紅葉も見ごたえがあるそうです。

追記

花を見ている時、カメラマンの方に写真のことについていろいろと伺うことが出来ました。

知識の量が自分とは段違いで、勉強になる話を沢山聞かせていただきました。

この場をかりてお礼申し上げたいと思います。

基本情報

所在地 東京都あきる野市乙津

交通アクセス JR「武蔵五日市駅」~檜原方面行きバス(養沢行き以外)で「荷田子」下車~ 徒歩5分

料金 無料

(車で来られた方は、駐車料金500円)