「Bloodstained: Curse of the Moon」OP ~ STAGE 01

基本情報

 

f:id:stgk:20180525185821j:plain

 

Bloodstained: Curse of the Moon

機種:PS4/Nintendo Switch/X-box one/Steam/ニンテンドー3DS
販売/開発:ArtPlay、インティクリエイツ
プレイ人数:1人
配信開始日(PS4版):2018年5月24日

CERO:C
価格:980円
ゲームジャンル:2Dアクション

 

 

ⒸArtPlay, Inc. / ⒸINTI CREATES

 

 

curseofthemoon.com

 

 

キックスターターの成功により、IGAこと五十嵐孝司氏が中心となって

現在開発中のアクションゲーム”Bloodstained: Ritual of the Night”の

スピンオフ作品という位置づけの2Dアクションゲームが本作

Bloodstained: Curse of the Moon(以下"Bloodstained: COM")です。

 

 

最大の特徴はまさに往年の「悪魔城ドラキュラ」シリーズを彷彿とさせる

8bitスタイルのクラシックな2Dアクションで

開発は「ロックマン9 野望の復活!!」、「蒼き雷霆ガンヴォルト」等

21世紀8bitアクションゲーム開発において強い実績を持つインティクリエイツ。

 

洗練されたファミコンチックなグラフィックとサウンドは、その筋のゲームファンを一目で虜にします。

 

そんなBloodstained: COMですが、当ブログでは主にゲームシステムや各ステージを紹介していきます。

 

 

 

セットアップ

 

以下がタイトル画面となります。

 

f:id:stgk:20180525142336j:plain

 

OPTIONからはキーコンフィグ設定と

言語を英語と日本語の2種類から選択可能。(※日本版)

 

 

操作方法

 

f:id:stgk:20180525145120j:plain

(※PS4版で説明してまいります) 

 

:攻撃

×:ジャンプ

:サブウェポン

R1:キャラクター変更(画面上の1つ左のキャラに変更)

L1:キャラクター変更(画面上の1つ右のキャラに変更)

 

 

 

セーブデータを作成してゲームスタート。

セーブデータは最大で8つまで作成できます。

 

f:id:stgk:20180525142937j:plain

 

セーブデータ作成後、新規ゲームプレイ開始の前に難易度選択を行います。

難易度は隠し難易度を含めて3種類あるようですが、購入直後に選択できるのはNORMALのみ。

※本編を一度クリアすることでNIGHTMAREモードが解放された事を確認しました。

 

 

f:id:stgk:20180525142453j:plain

続いてスタイル選択。

スタイルは以下の2タイプです。

 

VETERAN

レトロタイプのシビアな2Dアクションゲームスタイルです。

 

<主な特徴>

被弾時にノックバック発生

残機制、コンティニューシステム有

 

 

CASUAL

楽にプレイできるイージーモードスタイルです。

 

<主な特徴>

被弾時のノックバックなし

残機無制限のフリープレイ制

 

 

ディスクシステム時代のドラキュラが一番馴染みある筆者は、迷わずVETERANを選びました。

 

 

 

プロローグ

 

f:id:stgk:20180525143504j:plain

 

 

かつて 悪魔によって 月の呪いを 受けた男がいた。

 

 その男 -斬月-

 

紅蓮の衣を 身にまとい、

燃えるような目をした その男は

自身に 呪いをかけた 悪魔を討ち、

全ての悪魔を 斬り滅ぼすため

闇から闇へと 旅をしていた…

 

ある夜、男は 大いなる悪魔の気配を 感じ取る。

 

全ての悪魔を滅せよ…

 

抜いた刀は 月に照らされ、悪を食らえとむせび泣く。

 

今宵、男が斬るのは 月か 悪魔か。

 

 

 

 

プレイヤーキャラ 剣術で戦う退魔士 '斬月' 

 

 

f:id:stgk:20180525152104p:plain

 

メイン主人公の斬月が使う基本武器は斬月刀という刀です。

いわゆる「悪魔城」シリーズのベルモント一族が使っていたムチに比べて

リーチはそう長くないため、あちらの感覚が身に染みついてる方の場合は

新月の武器の扱いには少し慣れが必要かもしれません。

 

 

その一方で斬月の能力的な長所は、後々4人編成となる仲間の内

ライフ量が最も高く、死ににくいことです。

 

 

苦手なボスと戦う時などは、あらかじめ彼を使ってボスの体力を減らして

キリのいいところで得意なキャラにチェンジしてとどめを刺す―

という使い方が、筆者はしっくりきています。

 

 

 

 

STAGE 01 月光に誘われて

 

f:id:stgk:20180525144744j:plain

 

どうですか! と言わんばかりに8bit時代「悪魔城」シリーズを彷彿とさせてくれるこの画面。

 

システムもほぼそのままで、シリーズ経験者であれば実際にプレイしてみるとあっという間に馴染めると思います。

 

 

 

 

 

f:id:stgk:20180525145715p:plain

ところどころに配置されているランタンを攻撃すると各種アイテムが出現。

その中身は基本的にスコアアップアイテム、回復アイテム中心の構成となっています。

 

f:id:stgk:20180525150023j:plain

夜の森を走り抜ける機関車―

 

スクリーンショットでは生憎表現しきれませんがプレイ中は、実際に右から左へと走り抜けていきます。 

 

にしてもドットの書き込みが凄いです…。

 

 

f:id:stgk:20180525150236j:plain

森をしばらく進んでいくとやがて屋内へ。

 

ゾンビ風の敵キャラも登場し、いよいよゴシックホラーアクションらしくなってきました。

 

 

f:id:stgk:20180525150407j:plain

ここにも機関車の姿が。

 

というか景色的にもここは、恐らくは駅ということになるんでしょうか。

 

 

 

f:id:stgk:20180525150614j:plain

本作でもこのように、ところどころの壁を壊すと中にアイテムが隠されていたりします。

「ここ、何かありそうだなあ」と思いつくとつい武器を振るってしまう昔からの癖が思わず…。

 

 

f:id:stgk:20180525152517p:plain

 

特定の看板に近づくと、このようなマークが出ることがあります。

ここで↑キーを入力すると―

 

 

f:id:stgk:20180525152725p:plain

 

看板に書かれている文面を読むことができます。

何やらメタな内容が。要するにTipsですね。

 

 

 

 

サブウェポンについて

 

看板にも書かれている通りですが、サブウェポンの使用にはWEAPONが必要となります。

WEAPONはランタンなどを破壊することでたまに出現する魔法薬で補充可能。

 

 

f:id:stgk:20180525153722p:plain

 

WEAPONはスタート直後の初期値が20とやや低めですが

ほとんどのサブウェポンは1発撃つためにWEAPONが最低3は必要になります。

 

サブウェポンは全体的にWEAPONの最大値を増やすアイテムを手に入れるまでは

あまりガッツリ使えませんが、全編通してメイン武器だけで戦い抜くのは相当に厳しいです。

 

イザという場面や、露骨な難所ではケチらずにどんどん使っていくのがオススメです。

 

 

ちなみにSTAGE1で登場する斬月の主なサブウェポンは以下の2種類

 

f:id:stgk:20180525153950p:plain

 

鎖分銅

 

正面斜め上を攻撃するサブウェポン

頭上の壁を突き抜けての攻撃が可能です。

 

 

f:id:stgk:20180525154447p:plain

 

呪符

 

斜め下に投下後、しばらくダメージ判定が残るサブウェポン

こちらは悪魔城シリーズでいう聖水みたいな感じですね。

 

 

この他にも特定条件を満たす事で習得できる、特殊操作によるアクションなどが

隠されているようです。

 

 

f:id:stgk:20180525155505j:plain

 

サブウェポンの解説も済んだところで、先に進みます。

無人駅のような景色のここでは、最後尾車両に乗ることで

列車が発車して先に進むという展開に。

発車オーライ

 

 

f:id:stgk:20180525155846j:plain

シャンデリアが不安定に揺ら揺らと動く客車を抜けていき―

 

 

f:id:stgk:20180525160457j:plain

貨物車両の貨物の上を渡っていきます。背景には新月に照らされた魔城の姿が…

一定間隔で火球を飛ばしてくる骨柱のような敵にはサブウェポンで対処。

 

 

f:id:stgk:20180525161020j:plain

列車の最前列直前。

扉を守るゴーレム(?)相手には、この位置からサブウェポンで攻撃すると完封できます。

 

 

 

STAGE 1 BOSS グラットントレイン

 

f:id:stgk:20180525161302j:plain

 

3パターンの攻撃を交互に行ってきます。

 

 

f:id:stgk:20180525161528j:plain

腕を飛ばして、背後の石炭を取り込む攻撃ですが

このように腕に纏わりついている石炭の上に乗れるので、これを足場にします。

 

f:id:stgk:20180525161710j:plain

腕は手繰り寄せる時に特定の位置で何度か止まるのですが

この位置で止まった時が、弱点である頭部を攻撃できるチャンス!

通常攻撃でダメージを与えられるのはこの瞬間だけとなります。

 

腕は少しずつボスの方へと戻っていくため、立ち位置によっては

敵の身体に接触してしまいダメージを受けてしまいます。

腕に乗った際に頭部を狙えるチャンスは短いので、一旦乗ったなら位置調整を迅速に。

 

 

f:id:stgk:20180525161928j:plain

火の玉を頭上から複数回降らせる攻撃は、ひたすら避けまくるしかありません。

 

 

f:id:stgk:20180525162227j:plain

そして撃破後、グラットントレインは倒れる直前、最後の足掻きを行ってきます。

 

貯めこんだエネルギーを前方へと一斉に放射するド派手な攻撃で

画像通り腕の反対側が安全地帯となるのですが、これは見事な初見殺し…。

 

放出エネルギーを食らうとライフ7~8本くらい一気に持っていかれますので

最後まで油断しないように。

 

 

 

最初の仲間 ミリアム

 

f:id:stgk:20180525162735j:plain

 

グラットントレインを倒したことで

一人目の仲間となるミリアムが解放されます。

 

f:id:stgk:20180525162954j:plain

 

 

f:id:stgk:20180525163203p:plain

 

これ以降、仲間に加えたキャラクターをR1/L1ボタンで切り替えながら

ゲームを進めて行くことができます。

 

 

ミリアムの操作アクションについては次回記事にて解説致します。

 

 

 

というわけで、「Bloodstained: Curse of the Moon」

オープニング~ステージ1終了までを紹介して参りましたが

懐かしくも新しい、全編通してインティクリエイツらしい非常に高い完成度を誇り、

「悪魔城」シリーズファンにとっても期待は裏切らない出来となっています。

 

今回は配信日が最速となったPS4版をご紹介いたしましたが

本作はマルチプラットフォームでの配信が決まっており

6月上旬までにNintendo Switch、X box one、3DS、Steamと幅広い環境でプレイ可能です。

 

ひとまずここまで目を通して下さった方で、少しでも

「面白そうだな…」という印象を持たれたならば、ぜひお試しください。