Titan Quest (タイタンクエスト)をプレイ(7)

f:id:stgk:20180330172953p:plain

 

前回記事 

www.banshu-doukoukai.com

 

およそ1ヶ月ぶりとなってしまいましたが、「Titan Quest をプレイ」の続きです。

比較的ゆっくり進めてきたACT.1ですが、今回でいよいよ最後となります。

 

 

 

 

ACT.1(13)クノッソスの浜辺~ヘラクレイオン高地

 

f:id:stgk:20180608124320p:plain

プロメテウス騎士団の助力を受け、手配された船によって

テルキンの後を追うべくクレタ島へと渡ってきました。

 

 

f:id:stgk:20180608124452p:plain

まずはすぐ近くにあるヘラクレイオンの村で情報収集です。

 

 

f:id:stgk:20180608133052p:plain

とてつもない力を持った邪悪な者― テルキンの事でしょうか。

 

 

f:id:stgk:20180608133338p:plain

出ました、ミノタウロス

クレタ島の怪物としてお馴染みの牛頭人身の怪物ですね。

名前が出てきた以上、この後一戦交える事になるのは間違いなさそうな…。

 

 

f:id:stgk:20180608134303p:plain

「邪悪な者が島を訪れた影響からか、村中で変な病気が流行り始めたという一大事に

 治療師のクサンティッポスが、山に登ったまま2日間戻ってこない―」

 

と村人のヒッポコーンは語ります。

この話自体はサイドクエストの一つなので進行はプレイヤーの自由ですが

個人的には見過ごせないので、本記事でも触れていきます。

 

 

 

と、ひとまず集まった主な情報はこんなところですが

テルキンを追うためにも島の奥にあるという宮殿を目指すことになるのでしょうか。

 

f:id:stgk:20180608135151p:plain

治療師の行方が気になるので、まずは村を北に抜けてヘラクレイオン高地へ。

 

 

f:id:stgk:20180608135434p:plain

周辺のメナードが何やらレアそうな弓をドロップ。

ストームストライクという名前からしてもう強そうです。

 

 

f:id:stgk:20180608135705p:plain

装備中のハンティングボウより性能が高い上に、有用なオプションが5つも付与。

弓はしばらくこれ一本でも良さそうな。

 

 

f:id:stgk:20180608140014p:plain

装備中はエフェクトも付いて、特別感が出てます。

 

 

f:id:stgk:20180608140545p:plain

先ほど話題に出てきたミノタウロスですが

てっきり先の宮殿で出てくるのかと思いきや、普通にフィールドで出てきてビックリ。

メナードと連携して斧の二刀流で豪快な攻撃を繰り出してきます。

 

 

 

f:id:stgk:20180608140859p:plain

道中、ミノタウロスの像を発見。

でもフィールドで出てきたものより精悍な印象です。もしかしてミノタウロスの王?

意味ありげに散乱している動物の骨が不気味さを助長しています…。

 

 

 

 

 

f:id:stgk:20180608142459p:plain

そうしてトリトン山脈に差し掛かりました。

果たして治療師はこの辺りにいるのでしょうか?

 

 

 

ACT.1(14)トリトン山脈~クノッソス宮殿

 

 

f:id:stgk:20180618181618p:plain

 

トリトン山脈東部の名もなき天然洞窟の入り口でクサンティッポスを発見しました。

どうして村に帰らないのか、話を聞いてみると―

 

 

薬効キノコを採取中に巨大な蜘蛛に襲われ

洞窟の中に大事な杖を置いてきてしまった

あれがないと村人を助けられず、帰るに帰れない。

 

 

とのこと。

つまりはその杖がないと、治療師として力を発揮できない、ということでしょうか。

 

ひとまず洞窟の中へ潜ってみることにします。

目的の杖は恐らく、巨大蜘蛛と同じ場所にあるはず―

 

 

f:id:stgk:20180618182345p:plain

洞窟内で巨大蜘蛛を発見。

容姿だけでなく名前まで御大層ですが、今のレベルと装備なら

大した敵ではありません。

サクッとやっつけて…

 

f:id:stgk:20180618182638p:plain

近くの豪華な箱からクサンティッポスの杖を発見。

ちなみにクエストアイテムは画像のようにピンク色の文字で表記されます。

 

 

f:id:stgk:20180618182957p:plain

クサンティッポスに報告と同時に、トロフィーを獲得しました。

 

このトロフィーはACT.1のサイドクエストを全種クリアすると獲得できるのですが

ACT.1には全部で20前後のサイドクエストがあります。

当ブログでこれまで記事に扱ってきたものはほんの一部であり

実際にはACT.1だけでも以下のように、サイドクエストは多数存在します。

 

f:id:stgk:20180618183613p:plain

ACT.1クリア後に回収することも出来るので、焦る必要はありません。

こまめにNPCに会話していけば見落とすことはないと思います。

 

 

 

f:id:stgk:20180618184335p:plain

そして、長い道のりを経て辿り着いたのはクノッソス宮殿

さあ、いよいよ佳境です。

 

 

f:id:stgk:20180618184508p:plain

特徴的な兜をかぶった絡繰り兵、オートマトイが多数出現して道を阻みます。

ちょっと攻撃が痛いですが、こんなところで立ち止まっていられません。

 

 

f:id:stgk:20180618185017p:plain

ミノス王の宮廷内部へ。そしてその地下には―

 

 

f:id:stgk:20180618185222p:plain

ミノタウロスを封印するために造られたというミノスの迷宮が広がっています。

此処はこれまで登場したどの地下ダンジョンよりも広大で

随所にはトラップも仕掛けられています。

 

 

f:id:stgk:20180618185812p:plain

ここでもオートマトイが登場。

一般モンスターなのに実際に対峙してみると"圧"が凄いですね…。

兜で表情が窺えない、集団で機械的に動く、といった点もなんだか不気味です。

 

 

 

f:id:stgk:20180618185606p:plain

復活の泉を発見したので、きっちり更新しておきます。

これで万が一やられてしまってもここからやり直せます。

 

 

f:id:stgk:20180618190338p:plain

最深部の禍々しい扉を開きます。

その奥で待ち受けているのは―

 

 

f:id:stgk:20180618190537p:plain

絶大な力を持つと思しき、ミノタウロス ロード

これまで見てきたミノタウロスよりサイズも一回り大きく

その姿は正しく王者の風格。

 

f:id:stgk:20180618190856p:plain

…ですが本命はこいつではありません。

そんなわけでサクッと撃破。レベル20もあれば簡単に倒せます。

真の敵は、この奥に―

 

 

f:id:stgk:20180618191114p:plain

 

ミノタウロス ロードの背後に、更に奥へと続く階段を発見。

階下に広がっていたのは伝導の間という部屋。

そしてその奥で待ち受けていたのは…

 

 

 

f:id:stgk:20180618191412p:plain

黒い装束に身を包んだ、1人の魔術師。

奴こそがテルキンに違いありません。

 

 

f:id:stgk:20180618191854p:plain

伝導の間の周囲には槍を持った石像が複数体設置されており

テルキンはこれらを魔力でモンスター化させて、けしかけてきます。

1vs1で落ち着いて戦うためにもまずはこのインハビテッド スタチューを倒します。

 

 

f:id:stgk:20180618192244p:plain

取り巻きを排除し、これで正真正銘のテルキンとの一騎打ち!

果たしてその戦いの行方は―

 

 

f:id:stgk:20180618192523p:plain

長時間の激闘の末、ついに元凶を打ち倒しました。

装備品をドロップしましたが、大した性能ではなくガッカリ。

ひとまず倉庫に突っ込んでおくことにします。

 

 

f:id:stgk:20180618192935p:plain

部屋の奥では「待ってました」とばかりにプロメテウス騎士団長キュロスの姿が。

 

あなたって人は…、

彼奴を倒したなんて! こっそり隠れて

一部始終を 見てましたよ。 すごいや!

人間がテルキンを 片づけることが

できたなんて、 まだ信じられない!

ただ、導管の破壊を 食い止めることが

できなかったのは 不幸でした。 これで

神々との交信が 絶たれて しまった。

我らが本当に 神の助力を

必要とするときに、神々は私たちの

嘆きを聞くことも 助けることも できない

というわけです。神々との交信が

途絶えたまま となれば、 人類は

怪物どもに対して 圧倒的に 不利な状況に

追い込まれてしまう。頼みます、

エジプトに 行ってください。

イムホテップ という名の、 プロメテウス

騎士団の 賢人を捜すのです。彼は導管の

性質に精通した 人物です。 もう彼に

頼るしか ありません。 彼はラコティスの

街にいます。私の船を 使ってください。

川のそばに 泊めてあります。

 

f:id:stgk:20180618194112p:plain

 

…うん。

…うん?

 

エ…ジ…プ…ト…?

 

「エジプトに行ってください」って言った?今。

 

てっきりこのままギリシャ内で話が展開していくと思っていたんですが

まさか他国が関わって来ようとは…予想外すぎました。

 

 

f:id:stgk:20180618194432p:plain

エジプトへの旅先案内人はこのアポロドーロス船長。

テルキンを打ち倒したばかりだというのに休息の間もなく

新たな地を目指して、旅は続きます―

 

 

 

というわけで、Titan Quest ACT.1 -ギリシャ編- はこれにて完結です。

一連の記事にて紹介しきれていないエピソードやサイドクエストもあるのですが

それについては、是非本作を実際に手に取ってお確かめ下さい。

 

次回からは装いも新たにギリシャに変わってエジプトが舞台となるようですが

この先も少しずつ進めて行きたいと思います。

 

 

 

(ACT.2に続きます)