鮎壺の滝 〇溶岩石から吹き出す水の奔流

静岡県「沼津市」と「長泉町」の境界を成す「黄瀬川」に流れ同県から天然記念物の指定を受けている「鮎壺の滝」を訪れた。

目次

 

鮎壺の滝への散策記

(訪問日  2009年12月)

下土狩駅~鮎壺公園

正午過ぎに御殿場線「下土狩駅」に着き昼食を食べ、街中を抜けて滝のある「鮎壺公園」へと向かう。

「鮎壺公園」は、駅から北西約400m、歩いて5分程の場所にある。

駅から北へ向かって踏切を渡り、県道87号を経由して「鮎壺公園」に到着。

公園に入りしばらく歩くと、滝の音が聞こえてきた。

音のする方へ向かうと、「鮎壺の滝」の姿が見えてくる。
大きな岩石を積み上げ、そこから幾条かの水が噴出しているかのような特徴的な滝姿だ。

 

鮎壺の滝

「鮎壺の滝」は約一万年前に富士山から噴出した三島溶岩流により形成された滝で、高さ9メートルあまり横幅65メートルの幅広の滝である。

まわりの地形は平坦で、川の崖になったような場所が滝となっている。


溶岩の間から吹き出すように水の流れる滝は、武骨で力強い印象だ。

富士山を背景に流れる滝は、なかなか見応えがあるが滝の後ろにマンションなどの近代的な建物が見えるのが少し残念である。

 

あたりを見渡すと、真っ白に雪化粧した美しい富士山がみえた。

下流に吊り橋が架かっていて、滝を正面から見ることが出来る。

( 訪問時は川の水量がそう多くなかったので、河原におりて岩石を渡り滝裏へまわって滝を鑑賞することができた。)

まとめ

「鮎坪の滝」は最寄り駅から徒歩数分で、太古から残る雄瀑を見られる貴重な場所である。

基本情報

所在地 静岡県沼津市 大岡

交通アクセス 御殿場線「下土狩駅」から「鮎壺公園」まで約400m徒歩5分

料金 無料