魚切の滝(神石高原町) ~仁吾川の上流を流れる段瀑~

広島県と岡山県の県境近くを流れる「仁吾川上流」にある「魚切の滝」に行ってきました。

 目次

散策記

訪問日2018年6月)

車で「豊松コミュニティーセンター」方面から県道106号を北へ走り「ビレッジハウス仁吾川」近くの道を「魚切の滝」への案内板にしたがって左折。

車一台が、どうにか通れる舗装路をしばらく進むと車止めの看板があります。

看板近くの草地のエリアに車を停め、そこから徒歩で「魚切の滝」へ向かいました。

川沿いの散策路を数百メートル歩き、坂を下ると比較的新しい、しっかりとした造りの建物が見えてきました。

この建物は、水力を使って発電する施設「仁吾川発電所」です。

1927年2月より使用され近隣の電力を賄っていましたが、2007年に運転休止されて現在は使われていないということです。

発電所の前には、渓流が流れその上流に「魚切の滝」が見えます。

散策路入り口から「魚切の滝」まで徒歩で10分程。

発電所付近は高台になっていて、そこから滝と渓流を眺められます。

訪問日は水の流れも穏やかだったので、発電所の脇から渓流に降りて滝を眺めました。

魚切の滝

「魚切の滝」は、落差約20mの断崖を流れる3段の段瀑です。

水量の豊富な幅広の滝で、本流脇には支流も流れ変化のついた流体を持っています。

発電所はあるものの周囲は深い緑に囲まれ、聞こえてくるのは滝と渓流の流れる音だけ。

滝が谷間にあるからか、携帯電話のアンテナも立ったり立たなかったりと少し不安定。

車の駐車場所から10分程で、随分と山深い場所に来た気になりました。

まとめ

水量豊富で変化のある流れを持つ、鑑賞しがいのある滝です。

基本情報

所在地 広島県神石郡神石高原町有木   

交通アクセス

東城インターチェンジから約40km

福山東インターチェンジから約50km

県道106号から「ビレッジハウス仁吾川」近くの道を「魚切の滝」への案内板にしたがって左折~数分で散策道入口

料金 無料