友琳の庭(ゆうりんのにわ)~束熨斗模様に着想を得て造られた近代庭園の傑作~

昭和を代表する作庭家・重森三玲(しげもり みれい)氏。

重森三玲氏の出身地である岡山県吉備中央町で、氏が造った友琳の庭を見てきました。

目次

友琳の庭

もともと友琳の庭は昭和44年に京都市の誂(あつらえ)友禅工業協同組合の所有する「友琳会館」に作庭されました。

その後、友琳会館改築の折り、氏の郷土である吉備中央町(当時賀陽町)へ復元する条件で無償で町が譲り受け、平成14年(2002年)町役場賀陽庁舎の中庭に移築されました。

庭名は友禅染を完成させたといわれる宮崎友禅斎の「友」と友禅斎が影響を受けたとされる江戸時代前期を代表する日本画家・尾形光琳の「琳」を組み合わせて、三玲氏自らが名づけたそうです。

アクセス

岡山県のほぼ中央に位置する吉備中央町に延びる「竹荘バイパス」県道31号を車で走り、「友琳の庭」がある「吉備中央町賀陽庁舎」に到着。

(JR「岡山駅」から 国道53号~県道72号~国道484号~県道31号経由、約42.3キロ、車で約58分。)

車を庁舎下の駐車場に停めて、庭が造られている庁舎に向かいます。

庭があったのは、庁舎の中庭。

庁舎に訪れた人は、誰でも無料で観賞できます。

庭園の景観

「友琳の庭」は、伝統的な設計で造られた枯山水庭園の中に現代的デザインの池庭が配された印象的な外観をもつ池泉鑑賞式庭園です。

(モダンな佇まいの池は、束熨斗(たばねのし)模様に着想を得て造られたそうです。)

 (池の水深は浅く、透明度の高い水が流れていました。)

(水が綺麗に保たれているのは、池の水は濾過循環しているからでしょうか。)

中庭からだけでなく 、庁舎の二階にある渡り廊下からも庭をみることができます。

上から俯瞰して観賞すると、前衛的なデザインの庭の形がよりよくわかります。

(北側の庭は「天の橋立」を見立てているということです。)

日本伝統の枯山水庭園と幾何学模様にもみえる現代的デザインの池泉を組み合わせたこの庭が、まさか50年近く前に造られたとは驚きです。

どれほどのセンスにあふれていたら、当時これほど先鋭的でありながら伝統と調和した庭を造ることが出来るんでしょうか。

まとめ

昭和を代表する作庭の大家である重森三玲氏は、前衛的な造りの日本庭園をいくつも残しています。

「友琳の庭」は氏の後期作にふさわしく、独創的な設計のなかにも日本の伝統美を落とし込んだ素晴らしい庭園でした。

重森三玲氏の出身地である岡山県吉備中央町には、氏が作庭した庭が複数点在しています。

「友琳の庭」と合わせて巡るのも面白いと思います。

基本情報

所在地 

岡山県加賀郡吉備中央町豊野 

交通アクセス

「竹荘バイパス」県道31号すぐそば吉備中央町賀陽庁舎の中庭

JR「岡山駅」から 国道53号~県道72号~国道484号~県道31号経由、約42.3キロ、車で約58分。

JR伯備線 備中高梁駅から路線バス吉川行きに乗車「新町」バス停下車 徒歩5分

料金 無料