Titan Quest(タイタンクエスト)をプレイ(11)

f:id:stgk:20180330172953p:plain

 

前回記事  

www.banshu-doukoukai.com

 


 

  


 

「Titan Quest(タイタンクエスト)をプレイ」第11回目となります。

今回もACT.2を進めて参ります。

 

大スフィンクスの中にて祈祷の秘儀を行うために必要な2つの祭器内の1つ、調和の手を入手。

残りの1つ、混沌の眼が眠るというファイユーム オアシスを目指します。

 

 

 

ACT.2(8)メンフィスの町~ファイユーム オアシス

 

大スフィンクス攻略後もフラフラとこれまで訪れたエジプトのダンジョンを彷徨っている内に、何やら強そうな頭装備を手に入れました。

 

f:id:stgk:20181230124609p:plain

 

ラムセス ヘッドドレスなる頭装備が宝箱から出現。なんか色々付いてます。

防御力も現在装備中のものからはるかに上で性能も申し分なし。

 

シリーズになっているらしく、名前が灰色になっている同名シリーズの装備を一式揃えることでセット効果が隠れているのかも?

狙って出るものでもないので、揃えるのは一苦労かもしれませんが…。

 

f:id:stgk:20181230124823p:plain

 

謎ポーズでの装着図。

このビジュアルはまさにエジプトって感じがします。

オシャレだったりカワイイタイプの装備というのは本作では期待できそうもないので、重厚且つカッコイイ感じで歴史的な、あるいは地域色溢れる見た目装備の登場に期待でしょうか。

 

 

f:id:stgk:20181230125749p:plain

 

さて、では冒険を進めてまいります。

探索がまだ行えていない、クフ王のピラミッド北の洞窟へ。

ファイユームの抜け道という名前からも、ここを通ればたどり着けるはずです。

 

 

f:id:stgk:20181230130317p:plain

 

出現モンスターはボーン スカラベなど。

ダンジョン内部は分岐のない一本道なので、北東方面へと直進するのみ。

出口付近に復活の泉が設置されているので、そこが目印となります。

 

f:id:stgk:20181230131017p:plain

 

そうして奥へと進んでいる内に、やがて復活の泉を発見。

さて、洞窟の先の様子は―

 

 

f:id:stgk:20181230131230p:plain

 

ファイユーム砂漠へと出てきました。

洞窟から出るなりデザート ハグの大群がお出迎え。

デザート ハグは毎回モンスターレベルも低めなので、簡単に倒せます。

スキルも強化された弓攻撃でサクサクと撃退。

 

 

f:id:stgk:20181230132208p:plain

 

少し歩いてみると、洞窟から出たすぐ北に外壁に囲まれたエリアを発見。

かなりしっかりした造りです。

広大な砂漠の中に緑の木を確認できる辺り、ここは正しく……

 

 

f:id:stgk:20181230132456p:plain

 

城壁で囲まれた地。その中では水辺も確認できました。間違いなくオアシス。

混沌の眼捜索の上で要所となるファイユーム オアシスへと到着しました。

まずは情報収集です。

 

 

f:id:stgk:20181230132927p:plain

 

長老パネブの話によれば、このオアシス周辺はイズヌーと名の首領が率いるデューン レイダーの一党の脅威に曝されているようです。

というわけでデューン レイダー退治のサブクエストを受託しました。

 

 

f:id:stgk:20181230133511p:plain

 

サイドクエストから受注クエストの詳細を確認。

取りこぼしているものがあるかは不明ながらも、エジプトでのサブクエストも結構消化してきました。

 

とはいえ、現状ではエジプトの旅はまだしばらくは続きそうな気配。

砂地ばかりなので、少しは違う景色に巡り合いたいところですが……。

 

f:id:stgk:20181230134252p:plain

 

オアシスからそう遠くない場所で、件のイズヌーの姿を発見。

デューン レイダー チーフテンの名は伊達ではないようで、巨大なハイエナを駈るその姿は貫禄もたっぷり。

取り巻きを一掃してからの一騎打ちに挑みます。

 

f:id:stgk:20181230134727p:plain

 

イズヌーを討ち取りました。

これで離れて行ったキャラバン隊も戻ってくれば良いのですが―。

 

 

 

f:id:stgk:20181230161749p:plain

 

ちなみにすぐ近くにやたら長い名前のデューンレイダーヒーローの姿も確認。

ヒーローモンスター自体出没はランダムなのですが、こっちのがだいぶ強いですね…。

 

 

f:id:stgk:20181230170241p:plain

 

ともかくイズヌー一味を倒したことを長老に報告。

デューンレイダーが死に絶えたわけではありませんが、キャラバンを脅かす件についてはひとまず一段落でしょう。

 

 

 

ACT.2(9)ファイユーム砂漠~アトゥム神殿

 

f:id:stgk:20181230171050p:plain

 

さて、これで終わりではありません。

肝心要の混沌の眼が依然見つかっていない状態です。

 

イムホテップの話ではファイユームにあるという話なのですが、具体的な在り処までは教えてはもらえず。

ひとまずこの広いファイユーム砂漠を散策してみるしかないでしょうか。

 

f:id:stgk:20181230172220p:plain

 

ファイユーム砂漠を散策中、レシピアイテムである秘密の調合 ~ 大蛇の歌を発見。

久々のレシピですが必要材料はなんでしょうね。後で確認してみなくては。

 

 

f:id:stgk:20181230172531p:plain

 

歩き回っている内に洞窟を発見。

天然洞窟のようですが、案外この奥にあったりするのかも…? 折角なので探索してみます。

 

 

f:id:stgk:20181230173103p:plain

 

洞窟の中は意外に整った構造になっており、遺跡のような空間が展開していました。

しかし混沌の眼はここでは見当たらず、なにかのサイドクエストが更新されたのみ。

宝箱がやけに転がっているのでとりあえずチェックしてみます。

 

 

f:id:stgk:20181230173345p:plain

 

緑字のグリーブに青字の頭装備…中々豪華。

緑字と青字のアイテムはとりあえずチェックしてみたくなります。

 

 

f:id:stgk:20181230173722p:plain

 

オブシディアン ヘルム。こちらも中々の良性能です。

シリーズがあるようなので、こちらも一式そろえると何か特典があるのかと期待が持てますが、まず揃わないだろうなあ…。

 

防御性能的には先ほど手に入れたラムセス ヘッドドレスよりも下なので、とりあえず装着は見送って持ち帰りということに。

売却か倉庫に預けるかしておかないと、後々嵩張りそうです。

 

 

筆者は比較的アイテム整理が苦手なため、この手のゲーム(ハック&スラッシュ)ではいつも荷物がギチギチになってから売るなり捨てるなりして処分しているのですが、正直追い付いていません。(苦笑

 

そのためここ最近、装備品についてはレアのグレードが分かり易い緑字か青字のものしか拾わないようにしているのですが、今度は空いているところがレリックやポーションでギチギチに。

所持品で身動きが取れなくなる前に、もう少し小まめに選別して処分する癖をつけないといけませんね。ううん、悩ましいところ。

 

 

 

f:id:stgk:20181230181115p:plain

 

砂漠の洞窟は空振りでしたが、ファイユーム オアシスをずっと北東に進んでいくことで、いかにも何かありそうなエリアへとたどり着きました。

その名もアトゥム神殿

 

ここはまだ入り口のようで両脇の崖しか見えませんが、天然の洞窟よりは何かが眠ってる可能性は間違いなく高いはず。

スコルポスが道をふさいでいますが、軽く蹴散らしてその奥へと足を進めます。

 

 

f:id:stgk:20181230181341p:plain

 

崖の奥にはピラミッドと同じような建造形式による立派な神殿が佇んでいました。

メインクエストが更新されたこともあり、間違いなくこの先には何かがあるはず。

さあ、眼前の鉄の扉の向こうには果たして何が―

 

 

f:id:stgk:20181230181748p:plain

 

扉の奥にて立ち塞がる姿。その巨大な敵はスコルポスの王 ニヒコー

半人半蠍とも言うべきその異形の姿はもはやサソリには見えませんが、ともかく貫禄はたっぷり。

手には武器を持っており、少なからず知性もありそうです。

 

f:id:stgk:20181230182743p:plain

 

初めは弓でちまちまやっていたのですが、槍にスイッチ。

スキルの取り方の関係なのか、固い相手にはこちらの方が良いダメージを狙えるようです。

相手も近接武器ということで肉弾戦による力勝負。さあ勝敗は果たして―

 

 

f:id:stgk:20181230183112p:plain

 

そんなわけでこの力勝負を制し、スコルポスの王、無事に倒す事ができました。

おや、ニヒコーが使っていたと思しき武器が足元に。

今回、特に拾わずに通り過ぎてしまいましたが、今思えば確認くらいはしてみてもよかったかも…。

 

 

f:id:stgk:20181230183626p:plain

 

そしてニヒコーの後ろに聳える祭壇にて、ついに混沌の眼を発見。

ファイユームの何処かという漠然なヒントの下、この神殿を探すのにも随分時間がかかってしまったため、混沌の眼の捜索は予想以上に難航しましたがこれで一安心です。

 

 

f:id:stgk:20181230184209p:plain

 

さあ、これで2つの祭器が手に入りました。

早速メンフィスの町にいるイムホテップの下に戻って報告です。

 

 

f:id:stgk:20181230184456p:plain

 

イムホテップの話によれば、この2つを合わせることで強大な力を秘めた秘法「不滅の錫杖」が完成するということです。

 

 

f:id:stgk:20181230184801p:plain

 

早速合成の儀式を行うイムホテップですが…何か様子がおかしい?

 

 

なぜだ!失敗か?

何ということでしょう、

これまでの苦労が

全て水の泡になって

しまうなんて!

我々はついに

天界と切り離され、

神々の助けを 得ることが

不可能となって

しまいました。

 

まだ あきらめては

いけません。エジプト中を

荒し回った テルキンは、

プロメテウス 騎士団が

守護してきた

いくつもの遺跡を

破壊しました。

それらの遺跡には、

あの古代の戦から

受け継がれてきた、

強力な秘宝が 保管されて

いたのです。

テルキンは明らかに、

そのうちのどれかを

探しているのでしょう。

なぜなら、 それらの秘宝は

神秘の力を宿し、

だからこそ 我が騎士団は

数千年にも わたって

遺跡を守り 続けてきたの

ですから。 このエジプトで

未だ襲撃を 免れている

遺跡はただ一つ。

神々の助力を

請うがあまり、

そこに考えが

及ばなかったとは、

私の目は 節穴でした。

まったく 愚かな話です。

 

あなたは

ただ一つ残された遺跡、

王家の谷にある

ラムセスの墓所に

向かわなくては

なりません。

ナイルを遡って テーベへ、

そして王家の谷へと

向かうのです。 テルキンが

通った痕跡を

見落とさないように。

彼奴の 探しているものが

何であれ、彼奴の手に

渡しては なりません。

あなたが この使命を

成し遂げたら、

再びテーベで

お会いしましょう。

 

神々の助けが

得られぬとなれば、もはや

頼れるのは

あなただけです。

 

 

テルキンはテジプト各地の強力な秘宝が眠る場所を襲撃しているということですが、そういえばプタハの神殿(※同記事(9)参照)も焼け落ちていました。

これだけ念入りに行っている以上、よほどテルキンの心を突き動かす大きな力が眠っていると言って間違いないでしょう。

 

新たな目的地は上述での最後の秘宝が眠ると思われるラムセスの墓所

中々捕まえることはできませんが、少しずつテルキンに向かって近づいて来ているはず。

果たしてテルキンよりも先に辿り着くことができるのでしょうかー?

 

 

 

といったところで今回はここまで。

次回もエジプトの旅を進めて参ります。

 

(次回に続きます)  

www.banshu-doukoukai.com