「ローグレガシー」

 

f:id:stgk:20190121170640j:plain

 

商品情報

 

ローグレガシー

機種:プレイステーション3/プレイステーション4/プレイステーションVita

開発:Abstraction Games/8-4

販売:Cellar Door Games(他機種)

配信開始日:2015年4月8日(PlaystationPlus 2015年4月フリープレイ対象作品)

標準価格:,000円(税別)(※3機種クロスバイ同時購入可)

プレイ人数:1人

ジャンル:即死上等世代交代アクション

CERO:A(全年齢推奨)

セーブデータ数:1

 

 

 

子孫代々で迷宮に挑む ランダム生成型ダンジョンアクション

 

f:id:stgk:20190121170835j:plain

 

本作「ローグレガシー」は、入場する毎に内部構造が変化する"ダンジョン自動生成"方式を搭載したアクションゲーム。

剣とジャンプとスペルの計3種類のアクションで構成された操作を駆使して迷宮を探索し、奥深くに潜む魔王を打ち倒すのが最終目標となる。

 

f:id:stgk:20190121171116j:plain

 

冒頭で流れるプロローグと共に操作チュートリアルを兼ねた本編への導入シーン。

セピアに彩られたこのステージでは、実際に操作をしながら本作での基本的な操作を覚えていくといった流れになっており、所要時間はわずか2~3分。

操作内容は極シンプルなので、直観操作で最後まで進めることが出来るだろう。

 

 

 

 

即死上等!ダンジョン難度は比較的辛口。攻略は慎重に

 

 

 

初期レベル0からのスタートとなる本作ではあるが「即死上等」を謳っていることもあって、本作のダンジョンは序盤から比較的容赦ない攻撃が襲って来る。

取り分け本作では飛び道具系の攻撃が画面狭しと飛び交う傾向にあり、エリアによってはその激しさで身動きが取れないような状況になることもしばしば。

なんとなしに進めているだけでは、敵の攻撃や地形トラップにあっという間にやられてしまうので、まずは本作独特のゲームバランスに慣れるところから始めてみよう。

 

 

直前の勇者が倒れる度に後継者がその都度現れて何度でもやり直せる、という本作のシステムでは道中で死亡したことで発生するペナルティはそこまで手痛いものではない。

ただトロフィー(実績)の中には"死亡回数を規定内の回数に抑えてクリアする"という内容のものがあり、この取得を狙う場合は極力死なずに進めることが重要となってくるだろう。

 

 

 

先代の意志を継いで 3人の候補から次回の挑戦者を選択

 

f:id:stgk:20190121172108j:plain

 

ダンジョン内でやられた場合、モンスター討伐数とどういう死に方を辿ったかといったリザルトが最後に表示され、その後タイトル画面へと戻される。

この後再スタートを選ぶと、次回に冒険に向かわせる後継者を3人の候補から選択する画面へと切り替わる。

 

 

f:id:stgk:20190121172144j:plain

 

候補となる3人はそれぞれ名前やクラス、特性、スペルがランダムで決定されるがその組み合わせは多く、これらの要素が全く同じ構成のキャラが候補に現れることはまずないと言っていい。

 

f:id:stgk:20190121174458j:plain

 

クラスはナイト、アサシン、メイジ、バーバリアンなど計10種類。

クラスは主にパラメーターに影響し、打たれ強さに特化したものやスペルを使うために必要となるMPが潤沢だったりとその特徴がはっきり分かれる。

 

f:id:stgk:20190122150417j:plain

 

特性には肥満、やせ型、高身長といった体型に影響するものから、自身のごく近く以外が真っ暗になる視野狭窄などのゲームプレイにプラスあるいはマイナスに働く効果が自動で発動するものなど、実に個性豊か。

プレイヤーの重力が常時上下反転するような、攻略を行う上でハッキリと障害となるような効果のものもあるので、後継者選択前には各候補者の特徴ごとの説明によく眼を通しておこう。

 

スペルは隠し武器のようなサブウェポンアクションで、こちらもランダムで割り当てられる。

使い心地次第では迷宮の攻略難度にも関わってくるので、後継者選択の際の判断材料として注視しておこう。

 

 

 

 

屋敷をグレードアップすることで家系が強化されていく

 

f:id:stgk:20190121172437j:plain

 

ダンジョンに一度でも挑み、モンスターや宝箱から獲得したお金は自身の屋敷のグレードアップなどに利用することができる。

 

屋敷のグレードアップと言っても建物を豪華にするのではなく、その内容はキャラクターの能力強化やクラスのグレードアップなど、ダンジョン攻略を有利にする効果ばかり。

これらは一世代のみに向けた限定的な強化ではなく、家系全体の強化となるので必要額が貯まればどんどんグレードアップしていこう。

 

1つ辺りのカテゴリは数段階のグレードアップが可能で、何段階までアップ可能かはカテゴリごとに異なる。いずれのカテゴリもグレードアップ毎に少しずつ必要金額が上がっていく。

1周潜った程度では1段階上げるにも所持金が足りない、という事も多くなり全ての能力、全ての段階を上げきるには相当な回数のトライが必要となるだろう。

 

 

 

鍛冶師からは装備を 符呪師からは特殊能力を購入できる

 

 

f:id:stgk:20190122145631j:plain

 

序盤の屋敷のグレードアップを解放していくことで、鍛冶師、符呪師、アーキテクチャーといった3種類の施設を利用可能となる。

 

鍛冶屋では武器や防具といった計5つのカテゴリの各種装備品を有料で利用可能となる。

ただし、これらを作る為には作成費用と併せて迷宮内で手に入るそれぞれの設計図が必要で、問題となる設計図もダンジョンのマップがランダム生成である以上どんなタイミングで手に入るかは分からない。

 

強力な装備を利用可能にするためにはこれらの設計図を求めて、積極的にダンジョンを探索していく必要があるだろう。

 

f:id:stgk:20190122145700j:plain

 

符呪師では鍛冶師で開放可能な装備品の5種類のカテゴリそれぞれに追加できるルーンを有料で解放することができる。

 

搭載可能なルーンの内容は5種類あるカテゴリ共に同じだが、1度に搭載できるのは1つの装備カテゴリにつき1種のみ。

それぞれ異なる能力を5種類1つずつ付けるのもよし、同じ効果を5種類に付けて特化させるもよし、組み合わせはプレイヤー次第だ。

 

f:id:stgk:20190122145834j:plain

 

アーキテクトは、次回迷宮探索時にお金の入手額を40%に抑えるペナルティを受けることで、前回探索した迷宮と同じ構造で再び挑戦することができるサービスだ。

前回挑戦時に取りそびれた宝箱などがある場合に上手く利用すると良いだろう。

 

f:id:stgk:20190122151134j:plain

 

迷宮に入る直前には、毎回カロンから所持金全額を徴収されることになる。

迷宮で稀に手に入るカロンの銀貨をあらかじめ手に入れている場合は、これを渡す事で免除となるので覚えておこう。

 

 

 

 

ミスしても繰り返し挑みたくなる不思議な中毒性

 

 

 

ダンジョンを探索し続けて、屋敷のアップグレードや装備の設計などを繰り返していく内にキャラのレベルは次第に上がっていくが、それに伴って敵の能力も強化される。

主には敵の攻撃の激化が目立つようになり、同じ迷宮序盤でもLv一桁台で挑む時とLv三桁台で挑む時とでは明らかに敵弾の激しさに差異が目立つ。こちらのLvが上がったからといって、1度1度のチャレンジは全く気が抜けないのが本作の特徴だ。

 

手強い迷宮を踏破していくためには

 

何度も挑んで敵の攻撃パターンを覚えて、どんな状況でも慎重に進めること。

スペルは使いどころでは出し惜しみせずに使うようにしていくこと。

回復アイテムは計画的に取ること。

 

といったところを抑えて行けば、少しずつ前に進むことができるだろう。

 

 

マップ自動生成システムを持つヴィンテージゲーム作品「Rogue(ローグ)」から着想を得ていると思われる本作「ローグレガシー」はこの手のタイプのゲーム作品の例に漏れず、一度面白さを感じられば何度やられても続けてプレイしてしまう中毒性を持っている。

 

キャラやグラフィックこそおもちゃ箱のような独特の雰囲気を持ったタッチをしているが、中身はアクションゲーマー向けの分厚いゲームに仕上がっており、初プレイ時はよほど2Dアクションに慣れていない限り序盤プレイで洗礼を浴びることになるだろう。

 

マップ自動生成とシンプルな2Dアクション方式による1回1回の探索や攻略の楽しみは本作ならではの魅力を放ち、後継者システムによる毎回操作キャラに様々な特徴がランダムで現れるのも面白いポイントだ。

 

 

以上「ローグレガシー」の特徴を数々紹介してきたが、見た目やゲーム内のノリの緩さに加えて、システムやルールに至ってもシンプルで取っつき易い作品に仕上がっているので、アクションゲーム好きな方は是非一度お試しあれ。