塩の滝(広島県)~古くから親しまれる保田の名勝~

広島県庄原市にある「塩の滝」を見てきました。

目次

東城から国道314号を北上し、県道57号へ入ってしばらく車を走らせると「塩の滝」の案内板が見えてきます。

この看板のすぐ手前に「塩の滝」に通じる滝見道が造られています。

駐車場所

周辺に「塩の滝」観瀑の専用駐車場は見当たりませんでした。

しかし、案内板の脇に車一台駐車できるくらいのスペースが。

案内板から百メートルほど手前に、車二台ほど停められる草地のパーキングエリアらしきスペースがあります。

塩の滝

滝見道を3分程歩くと「塩の滝」に到着します。

(手入れの行き届いた滝見道は、2010年(平成22年)八幡自治振興区保田支部によって整備されたものだそうです。) 

滝の前には、ベンチの置かれた観瀑広場が整備されていました。

帝釈川の上流に流れる「塩の滝」は「国郡志御用ニ付下調べ書出帳」にも記され古くから保田の名勝地として親しまれ てきました。 

落差は8m程だと思います。

水量が多く広い滝壺をもつ段瀑です。

凹凸のある崖を変化をつけて流れているので、見ていてあきない滝でした。

まとめ

変化のある流れを持つ、趣のある滝です。

滝見道や観瀑広場などがよく整備されていて、鑑賞環境の整った滝でした。

基本情報

所在地

広島県庄原市東城町保田

交通アクセス 

東城市街地から国道314号を北上し、県道57号へ入って数分

料金

無料

地図 

 

こちらの記事も書いています

www.banshu-doukoukai.com