Titan Quest(タイタンクエスト)をプレイ(15)

f:id:stgk:20190101173237p:plain

 

 

 

前回記事    

www.banshu-doukoukai.com

 


 


「Titan Quest(タイタンクエスト)をプレイ」第15回目となります。

引き続きACT.3を進めて参ります。

 

新たなテルキンを追って、冒険者の旅はバビロンの空中庭園に展開。

プロメテウス騎士団ザキールに促されて向かったマルドゥク神殿にて、テルキンに挑み、圧倒的な力の前に破れた飛燕の姿を発見した―

 

 

 

 

ACT.3(3)バビロン郊外~農地の怪物退治

 

 

f:id:stgk:20190128150934p:plain

テルキンの追跡を飛燕に託され、神殿奥の通路から外へと出られそうな穴を発見。さて、この奥は何処に繋がっているのか―

 

f:id:stgk:20190215170750p:plain

 

穴を潜り抜けた途端、バビロン郊外へとストレートに出てきました。

 

f:id:stgk:20190217142311p:plain

 

焼け落ちた木々、負傷した一般人の姿がそれぞれ痛々しい辺り一帯ですが、テルキンは既に通り過ぎて行った後のようです。

急いで後を追いたいところですが、まずは少し周囲を探ってみます。

 

 

f:id:stgk:20190217142639p:plain

 

まずは、近くのポータルを解放。

ここまでの道のりがかなり険しかったこともあって、ようやく一息つけた心持ちです。さて、次は近くのNPCから情報収集を…

 

 

f:id:stgk:20190217143032p:plain

 

農夫のアッパの話では、この地を通り過ぎて行ったテルキンと思しき影は怪物の大群を引き連れており、恐ろしい武器を手に目についたものを片っ端から斬り殺し、焼き払って行ったとの事。

ここを通ったのは間違いないようです。一息ついたら、早速後を追わなくては。

 

f:id:stgk:20190217182325p:plain

 

語り部のイルエラティからは古代メソポタミアにおいては有名な王ギルガメッシュに纏わる話を聞くことができます。

 

彼を初めとして、各地にいる語り部の話は本編には直接関わってこない英雄や人物、伝説の怪物などの話が多いですが、どれもゲーム内世界観のイメージをより膨らませる内容なので、興味がある方は各地毎の語り部の話を聞いてみると発見があるかもしれません。

 

 

 

f:id:stgk:20190217184118p:plain

 

郊外のはずれにいる農夫のインメルが、家畜ごと農場を襲われ嘆いている様子に遭遇。

ここに来てようやくACT.3初のサブクエスト発生です。

 

f:id:stgk:20190217184454p:plain


全財産を粉々に破壊って…これは大損害ですね。

農地はすぐ近くにあるので、早いところ仇を討ってあげなくては。

 

f:id:stgk:20190217184937p:plain

 

農場周辺はコースタル イクティアンが多数蔓延っています。

囲まれなければそこまで恐ろしい相手でもないですが、油断は禁物。

 

 

f:id:stgk:20190217185328p:plain

 

よし、こいつで最後のようです。サイドクエストが更新されました。

なんかレアそうな武器が出ましたが、スタッフ…。このキャラだと拾っても売るだけになりそうです。

 

f:id:stgk:20190217185602p:plain

 

怪物たちも一掃したことで農地に平和が戻りました。家畜たちも無事の模様。

イルメンに報告に向かいます。

 

 

f:id:stgk:20190217185943p:plain

 

襲撃で全財産は失ってしまったようですが、なんとか立ち直って欲しいところですね。

 

 

 

 

(インターバル)ステータス&スキル見直し

 

f:id:stgk:20190217191024p:plain

 

敵も目に見えて強力になって来たので、ここらで少しステータスとスキルの見直しを図る事にしました。

 

その前に、まずはさっき出たばかりのスタッフを早速売り飛ばします。

うーん、さすがは緑字装備。売却額もいい値段してますね。

 

 

それにしてもお金がかなり貯まっていますが、全然使い道がないです…。

 

ここまで装備は元より、ポーションすら現地調達ばかりで一切買っていないので、せめてスクロールなんかをもっと積極的に買って行った方が色々戦略の幅も広がって楽しめるのかも…。

 

うーん、ACT.3に入るまで、なんとも愚直なプレイでやってきたものです。

しかし戦略的なプレイ無しでも本作は案外サクサク進められるので、ノーマル難度は元々こんなバランスなのかもしれません。

 

 

 

f:id:stgk:20190217203509p:plain

 

これまで全く取り上げてきませんでしたが、本作の一部パラメーターはレベルアップごとに3ずつ手に入るポイントを使って強化することができます。画像はそのウィンドウパラメーター画面。

 

腕力に振る事で、平均ダメージ秒間ダメージ(DPS)が上昇していくので、なるべくそっちに向けて振りたいところですが…今回はとりあえずヘルスにちょっと多めに振ってみます。

エナジーは全くと言っていいほど振っていませんが、私のスキルの取り方だとエナジーはほとんど使いません。

 

当然ながら鍛えるスキルによって、どのパラメーターを強化した方がいいのかは勿論変わってきます。

またポイントを振り分けた後にこのウィンドウを閉じてしまうと、振り直しができなくなるので要注意。

 

f:id:stgk:20190218153940p:plain

 

続いてスキルにも少しスキルポイントを割り振っておきます。

セカンドスキルとして途中でスピリットマスタリーも習得したのですが、結果あまり使っていません。

なのでハンティングマスタリーに特化するべく、戦闘スキルにちょっとポイントを振ってみます。

 

まずはこれまで上げた事ないトレイル・ブレージングを3まで強化。

効果は画像のスキル説明通りで、特筆すべきはなんといっても移動速度。

狩人たるもの移動速度は大事ですね。

 

 

f:id:stgk:20190218154304p:plain

 

続いて3まで鍛えていたスキャッター・ショット・アローを倍の6まで強化。

 

任意の1匹に命中させるとその周辺の敵にもダメージが発生する、といったスキルで弓はこれがかなり強いんですよね。

敵が多数いる状況でも、このスキルをショートカット登録したボタンをチョンチョン押してるだけで、どんどん倒せます。エナジー消費もローコストで燃費も良し。

 

 

当然ながら弓じゃ上手くダメージを稼げない敵も中にはいるので、そういう相手にはまた違った攻め方が必要になりますが、とりあえずハンティングマスタリーの中では鍛えて損はないスキルです。

 

ハンティングマスタリーは他にも狩猟用ネットを投げる技など、トラップを駆使したスキルもありますが、上手く使いこなせそうもないので今回は弓の技に特化しました。

 

 

スキル各種はレベルが上がる度にチェックしておかないと、振り忘れたままスキルポイントが貯まってる…なんてことも多いです。

戦闘がキツくなってきたら、一度スキルの強化度合いを見直してみるのもいいでしょう。


 

 

 

ACT.3(4)パルティア高地~シルクロード

 

f:id:stgk:20190218161907p:plain

 

バビロン郊外を東方角に抜け、パルティア高地へとやってきました。

ここからは比較的標高の高いエリアを抜けていくようですが…。

 

 

f:id:stgk:20190218162607p:plain

 

登場モンスターは蟷螂型のキチナス マンティッド、蜘蛛型のトロピカル アラクノスなどの昆虫系亜人に加えて、原人風のモンスターネアンデルタールも出現。

 

ああ…歴史の教科書にも出てきましたよね、ネアンデルタール

ヒトの祖先をこんなところで観られるとは。ましてやモンスターとして登場するなどとは思いもよりませんでしたが。

 

 

f:id:stgk:20190218162914p:plain

 

ネアンデルタールはサーベルライオンと徒党を組んで登場することもあります。

ううん、出現モンスターの傾向から言ってもこれはかなり寒い地域に入って来たのでは。

 

 

f:id:stgk:20190218163300p:plain

 

やがて見えてきた木造の橋。これを渡ると―

 

 

f:id:stgk:20190218163559p:plain

 

かの有名なシルクロードへと差し掛かります。左手には復活の泉も見えますね。

NPCがいるので早速話を聞いてみることに。

 

 

f:id:stgk:20190218163933p:plain

 

テルキンと思しき影は東の方に向かった模様。

この時節は特に険しい道のりとなるだろう、とのことで…途中で雪道にでもなるのでしょうか。

 

 

f:id:stgk:20190218165503p:plain

 

サーベルタイガーを手なずけて、騎乗スタイルで襲って来るネアンデルタール サーベルライダー

シルクロードを奥へ進めば進むほど、ネアンデルタールの出現が増えてきました。

さして強い敵というわけでもないのですが、名前だけでもうインパクトありますよね。(笑

 

 

f:id:stgk:20190218165852p:plain

 

更に奥へと進むと、今度はイエティまで登場し始めました。

これが登場するという事は…着実に雪道進むコースへと進んでますよねコレ…。

ええい、もうなるようになれ! こちとら雪道でも進むっきゃないんだ…!

 

 

 

 

 

ACT.3(5)バクトリアの森~シャンシュン村

 

f:id:stgk:20190218170600p:plain

 

そうして山道を進み、バクトリアの森に入りました。

森という名前ではありますが、樹はまばらで比較的高地らしい景色が広がります。

 

 

f:id:stgk:20190218170900p:plain

 

この辺りに来るとイエティが複数出現するように。

周りの景色も白み始めており、ますます冷たさも増してきたような…。

 

 

f:id:stgk:20190218171214p:plain

 

ついに一面残雪が目立つような景色になってきました。

そもそも未だ服装がエジプトで整えた装備のままなので、やたら寒そうに見える…。

この辺で登場する防具は、寒冷地仕様なデザインになってる可能性は高いですね。いい加減見た目だけでも新調したいなあ…。

 

 

f:id:stgk:20190218171707p:plain

 

橋を渡り切ったところに復活の泉を発見。早速登録しておきます。

そろそろ近くに村か何か拠点が欲しいところですが…こんな過酷な地に果たしてあるのだろうか…。

 

 

f:id:stgk:20190218171916p:plain

 

翼が特徴的な魔獣アイス ペンに囲まれてしまいました。

怪物名としてはあまり聞かない名前ですが…、ペンという名の意味はなんなのか。

 

 

f:id:stgk:20190218172511p:plain

 

アムド地方を抜け更に奥へと進むと、やがて一つの村を発見。

シャンシュン村という名のようですが、施設NPCも最低限いるようなので拠点として利用できそうです。

 

 

f:id:stgk:20190218172846p:plain

 

この村での情報収集は次回に廻すとして、今回は道中で手に入れたアーティファクトレシピの調合を済ませておきます。

さて完成後の性能は―

 

 

f:id:stgk:20190218173107p:plain

 

コンプリートボーナスとして 4~6刺突ダメージが付与。

トータルで見てもどの効果も頼もしいので、アーティファクトはこちらに更新しておきますかね。

 

アーティファクトのレシピに書かれた必要材料はどれもたった3種とはいえ、取り分けレリックが意識して集めないと中々揃わないので、作る機会は少なめです。

順次強い方にどんどん上書きしていくことが多いので、複数所有してその都度使い分ける、といったことはほぼありません。

 

それまで使っていたアーティファクトは、2ndキャラなどを作成していない場合は手離しても問題ないと思います。

 

 

 

 

と、アーティファクトをより強力なものに更新したところで今回はここまで。

一面雪景色という過酷な地を舞台に、冒険を進めて参ります。

 

 

それではまた次回。

 

 (次回に続きます) 

www.banshu-doukoukai.com