品の滝 ~手つかずの自然の中で森林浴と滝見が楽しめる~

広島県三次市に流れる「品の滝」に行ってきました。

滝の概要

「品の滝」は、馬洗川の支流で頭士山(648.3メートル)を源流とする滝川の上流にある滝です。 

「一の滝」、「二の滝」、「三の滝」の3つの滝からなって いて、県に指定された自然環境保全地域にある約1.5キロの渓谷の中を流れています。 

アクセス・駐車場

訪問日は車で滝の駐車場まで行き、そこから滝見道を歩いて「一の滝」~「三の滝」を回りました。 

国道184号から滝への案内表示に従って、脇道に入り2キロ程進み駐車場に到着。 

駐車場の収容台数は普通車数台(5台程)で、料金は無料です。 

駐車場のすぐ近くには鮎の釣り堀があり、釣り堀の入り口には自販機が置かれていました。 

釣り堀の脇には、渓流に沿って滝に向かう遊歩道が延びています。

 よく整備された遊歩道の周囲の自然は豊かで、気軽な森林浴にももってこいです。 

一の滝

駐車場から400m歩くと見えてくる「一の滝」は落差11m。

水量が多く見ごたえがある滝で、大きな滝壺をもっています。 

滝壺の脇には砂利の河原があり、そこから滝を間近で鑑賞できます。 

厳冬期には、氷瀑になることもあるそうです。 

二の滝

「二の滝」は「一の滝」から約600m上流にあります。 

「二の滝」は落差8mの直瀑。

「二の滝」の少し下流には、広い滝壺を持つ、なめ滝があります。

三の滝

「二の滝」から「三も滝」までは約450m。 

「二の滝」から「三も滝」までの道はやや険しく、渡渉ポイントも何か所かあるため「三の滝」まで行く場合は防水機能の付いた靴で訪れることをお勧めします。 

「二の滝」の少し上流部には険しい断崖を縫うように流れる、見応えのある段瀑がありました。 

地図がなければ、この滝を「三の滝」だと勘違いしていたかもしれません。 

「 三の滝」は、落差約9mの段瀑です。 

(「 三の滝」の脇には、案内板が設置されています。)

「 三の滝」のさらに上流には、鬼が橋と呼ばれる岩屋があるそうです。 

まとめ

「品の滝」が流れる滝川では豊かに表情を変える自然探勝と、大小いくつもの滝の観賞ができます。 

 よく整備された遊歩道がつき、見に行くことが容易な「一の滝」だけでも十分な見ごたえがあります。 

こちらの記事も書いています

www.banshu-doukoukai.com

www.banshu-doukoukai.com

基本情報 

所在地

広島県三次市甲奴町宇賀

交通アクセス

JR福塩線「甲奴駅」から県道27号 経由9.7 km

JR福塩線「三次駅」から国道184号 経由24.4 km

中国自動車道 三次ICから国道184号経由で車で40分

料金

無料

訪問日

2019年1月

地図