Titan Quest(タイタンクエスト)をプレイ(27)

f:id:stgk:20190101173147p:plain

 

 

(前回記事) 

www.banshu-doukoukai.com

 


  

 

Titan Questをプレイ第27回目となります。

今回もACT.4を進行して参ります。

 

 

死の世界ハデスでの冒険が続く中、訪れたダイモンの野営地にて囁きの洞穴を発見。

巨大なアルビノスパイダーが守っていたプシュケの鏡を手に入れ、鏡の力を得ながらエウリュディケの恋人オルペウスの救助に成功した―

 

 

 

ACT.4(11)エレボス~ネクロマンティオン

 

 

f:id:stgk:20190517171201p:plain

 

エウリュディケオルペウスのサイドクエストを終えたところで、引き続きメインクエストを中心に進めていきます。

 

やがて舞台はエレボスへ。

その名の意味するところは「地下世界」。または地下の暗黒神の名を示すのだとか。

造りもかなり重厚で、圧倒されますが―

 

 

f:id:stgk:20190517171815p:plain

 

エレボスを散策していると、何やら地下に続くと思しき通路を発見。

さてさて、これは一体何処に繋がっているのか……少し中へと足を踏み入れてみることに。

 

 

f:id:stgk:20190517181414p:plain

 

通路の奥はネクロマンティオンが広がっていました。

ここはギリシャ神話においては冥界の王ハデスと女王ペルセポネが祭神を司る死霊の託宣所、といった場所のようです。

 

 

f:id:stgk:20190517205627p:plain

 

このネクロマンティオンを含めたエレボスエリアからは、マカイという敵キャラクターがレギュラー出現し始めます。

 

詳しい設定は不明ですが武装を含めたビジュアルから、冥界の戦士といったところなのでしょうか。特撮に登場する敵サイドのキャラクターみたいで中々カッコイイです。

 

 

f:id:stgk:20190517205326p:plain

 

深部ではクエストモンスターとなるボーン スカージが登場。

巨大な獣の容姿をした骨型のモンスターで、ビジュアルに圧倒されます。

 

 

f:id:stgk:20190518182516p:plain

 

ボーン スカージ退治後、神殿の従者ポダルゲに話を聞いてサイドクエスト「ネクロマンティオン」完了。

 

どうやらこのネクロマンティオンに聖職者として仕えていたダイモンが、ボーン スカージに亡霊を餌として与えることでその強化を企んでいたようです。

危険な計画を間一髪食い止めることができた、といったところでしょう。

 

 

 

 

ACT.4(12)見晴るかす平原~恐怖の山道

 

f:id:stgk:20190518183146p:plain

 

エレボスを更に進んだ奥、見晴るかす平原へと到達。

景色自体は塩の平地とよく似通ってます。

 

 

f:id:stgk:20190518184035p:plain

 

見晴るかす平原は周辺の隆起した岩々が原因で、若干歩きにくいエリアとなっていますが、あちこち散策している内に洞窟を発見。

 

 

f:id:stgk:20190518185112p:plain

 

中は深い洞窟という何のひねりもない安易な名前の洞窟ですが―

 

 

f:id:stgk:20190518185250p:plain

 

奥ではクエストモンスターのクロッグ ザ トゥースレスが登場。

肩書のアーン ガーディアンアーンUrnのことを意味しています。

確かに傍らには不思議な壺があります。その名の意味するところはこれを大事に守る守護者ということになるのでしょうか。

 

f:id:stgk:20190518185807p:plain

 

クロッグ ザ トゥースレスが守っていた不思議な壺の中から灰塵を確認。

尼僧レーダーが探していたのはきっとこれですね。早速届けにいきましょう。

 

 

f:id:stgk:20190518190341p:plain

 

タイタンの灰塵ではクエスト達成報酬としてスキルポイントを2ポイント獲得できます。

サイドクエストが多岐に渡るエリアでのクエスト進行ではありますが、この報酬は特に貴重なので見逃せません。

 

f:id:stgk:20190518191239p:plain

 

前回ダイモンのキャラバンを破壊してあることもあり、併せて「侵攻」のサイドクエストでの進捗もカリクラテスに報告しておきます。

 

f:id:stgk:20190518191917p:plain

 

「侵攻」完了と同時に新たなサイドクエスト「内部調査」が開始。

こちらのクエストはピュラデスという人物を発見せよ、とシンプルな内容です。

 

ダイモンの軍隊に抗する勢力を取り仕切るケウトニュモスという人物に会うために、まずはその関係者であるピュラデスと話をしろという流れのようです。

 

※記事内での紹介が実際のプレイ中の進行順と異なるため、「エウリュディケとオルペウス」のクエストが完了状態になっていませんが、あらかじめご了承下さい。

 

 

f:id:stgk:20190518192518p:plain

 

ピュラデスカリクラテスの居るエリアと同じ彷徨える魂の町 上層部にいるので発見は容易です。

そして件のケウトニュモスはどうやらダイモンの野営地・下層部にいる模様。早速捜索に向かってみます。

 

 

f:id:stgk:20190518193655p:plain

 

そしてケウトニュモスを発見…と思いきや当人の出で立ちはまさかのダイモン。

 

しかし肩書にもあるように、どうやら彼の今の立場は中立のようです。

ということは、一方的にどちらかの味方をしているわけでもないということになるのでしょう。

ただし気持ちとしては限りなくダイモンに反抗する方向に傾いている様子。

 

 

このケウトニュモスという人物。果たして敵となるか味方となるか―

ひとまずは彼の話を聞いてみます。

 

 

f:id:stgk:20190518194556p:plain

 

哀悼の谷間を抜けようとしているダイモンの特使のメッセージを奪って来て欲しい、といった頼みごとを引き受ける事となりました。

哀悼の谷間はこのケウトニュモスのいる場所からそう遠くないところにあります。

 

 

f:id:stgk:20190519135609p:plain

 

哀悼の谷間の特定のポイントに行くと、白い身体のマカイが出没しています。

彼こそがターゲット、マカイ ヒーローのコルラハルト特使

そこまで手ごわい相手ではないのでサクッと倒していきます。

 

 

f:id:stgk:20190519140018p:plain

 

特使を倒し、その傍らに落ちたダイモンの巻物を略奪。

中には何が書かれているのか気になるところですが、ひとまずこれをケウトニュモスのところに持ち込めばサイドクエスト「内部情報」は完了です。

 

 

 

 

ACT.4(13)死者の広間~恐怖の山道~裁きの塔

 

 

f:id:stgk:20190519153846p:plain

 

見晴るかす平原を奥へと進んでいくと…多数の亡霊たちが何やら同じ方向へと進んでいく光景に遭遇。

 

この光景、ピンドス山地でのあの光景と同じです。

理由はわかりませんが、亡霊たちの行く先には間違いなく何かがあるはず。

 

 

f:id:stgk:20190519154624p:plain

 

こっそりと後をつけている内に、いつの間にか高い崖の上にきてしまいました。

 

岩壁を直接彫って出来た神殿のような…そんな建造物が目立つエリアですが、亡霊たちはそれには目もくれず歩みを止めません。

目的となる場所はまだまだ奥にある模様。

 

 

f:id:stgk:20190519155246p:plain

 

ほどなくして眼前に現れた入り口。

亡霊たちは皆ここを潜って行ってる様子が窺えますが、この場所は一体…?

 

 

f:id:stgk:20190519155821p:plain

 

入り口を抜けた先に広がっていたのは死者の広間

 

なにやらゴールデンバウの祭壇でも見かけた燃える亡者のオブジェがありますが…別段、あの場所でだけ飾られてたものではなかったのですね。

 

 

f:id:stgk:20190519161933p:plain

 

死者の迷宮の登場モンスターの内、特に注意したいのがこのエピアレス

時々吐き出す瘴気に包まれたままでうっかりそのまま過ごしていると、みるみるヘルスが減少していき危険な状態に陥ります。

 

 

f:id:stgk:20190519162442p:plain

 

しかしこの死者の広間自体は単なる通過点で、奥へと抜けていくとやがて恐怖の山道へと差し掛かります。

ここには商人NPCとポータルがあり、差し詰め中間地点といったところでしょうか。

 

 

f:id:stgk:20190519162752p:plain

 

ポータル名は裁きの塔のポータルになっており、この後いよいよその探索へと駆り出していくことになります。

 

 

f:id:stgk:20190519163327p:plain

 

そしてやって来た裁きの塔ですが…。

塔内では明らかにこれまで感じたことのない異質な雰囲気が漂っています。

何事もなく無事攻略できればいいのですが…気持ちを整え、いざその中へ―。

 

 

 

f:id:stgk:20190519163755p:plain

 

塔内は全部で3層までの階層がありますが、まずは第3層から。

下り階段を経て第2層第1層と降順で進んでいきます。

 

 

f:id:stgk:20190519164254p:plain

 

塔内では一面に、緑に妖しく光る見渡す限りの壮大な空間が展開。

それはまるで宇宙に浮かぶ星団のような…。

 

第3層を進める内、そんな光景が飛び込んできてふと足を止めて見入ってしまったのですが…凡そ建物の中の景色とは思えません。

ここは死の世界― 生者の常識は通用しないということなのでしょうかね。

 

 

f:id:stgk:20190519165303p:plain

 

登場モンスターはここまでにも登場したエピアレスマカイなど。

第3層は上記画像を見ての通りで足場が狭い場所が多く、状況次第では攻撃が避けにくい場合もあります。

 

 

f:id:stgk:20190519165737p:plain

 

続いて第2層

裁きの塔では一応1層ごとに復活の泉も用意されているので、毎回チェックしておけば再スタートもストレスレスで進行可能です。

 

 

f:id:stgk:20190519170409p:plain

 

2層で目立つエネミーの内の1つがこのメリノエ

二刀流による剣舞、片手鎗での突きなど多彩な武器で攻めてきます。

髪型(あるいは角?)と女性型の容姿のミスマッチ感がやたら特徴的で、非常にインパクトが大きい敵キャラクターです。

 

 

f:id:stgk:20190519171946p:plain

 

そして第2層で見逃してはいけないのがこのカナース ザ サーペント クイーン

エンプーサのヒーローモンスターですが、名前の色を見ての通りクエストでの対象ターゲットとなっています。

その肩書が意味するところは 毒蛇の女王 カナース といったところでしょうか。

 

 

f:id:stgk:20190519172337p:plain

 

討伐後には毒の石を入手可能。

こちらはサイドクエストの1つを進めるのに必要なアイテムです。

 

そういえば以前にもエンプーサを倒して手にいれた雷の石というのがありましたね、ひょっとしてこの2つ以外にもまだあるのでしょうか?

 

 

f:id:stgk:20190519175449p:plain

 

そして迎えた第1層。裁きの塔は一応ここが最下層となります。

 

 

 

f:id:stgk:20190519193527p:plain

 

この階層では炎や氷の属性をそれぞれ司るアーク=リモスが登場。

連発してくる攻撃はいずれも痛いので一気に畳みかけたい相手です。

 

 

f:id:stgk:20190519194947p:plain

 

第1層の奥でアドメトスの姿を発見。

 

死後に裁きの塔で判決を受ける予定だった彼は、塔内に棲息する多数のダイモンの姿を見て、他の亡者たちのために自分が出来ることをしようと尽力をしている様子。

 

今まさに貴重品庫への通路を開いたアドメトスですが、上手くやればエリュシオンへの道を開けるかもしれない、という状況に。

ならばこちらも出来ることをやるしかないですね。

 

 

f:id:stgk:20190520202428p:plain

 

そうして辿り着いた最深部には見た目にも強固な雰囲気の門が待ち構えていました。

佇まいからもこの奥には恐らくこの塔の番人とも言える存在がいるはず。

さあその門を今― 意を決して開きます。いざ―

 

 

f:id:stgk:20190520203516p:plain

 

奥の方に黒い獣のような影が確認できますが、それ以上に目を惹くのは部屋に立ち入るなり一面に迸る緑色の炎の筋。

って…ん?

 

f:id:stgk:20190520203650p:plain

 

緑の炎を目の当たりにした瞬間、一瞬で生命力が0に

え……い、一体なにが起こったのか…。

ひょっとしてこの炎、うっかり触ってしまったら即死するようなものだったのでしょうか…。

 

 

f:id:stgk:20190520204656p:plain

 

気を取り直してもう一度。

黒い獣の影はケルベロス― かの有名な地獄の番犬です。

 

相変わらず緑の炎が立ち並んでいますが、どうも吹き出す場所は固定のようです。

ということは同じ位置で立ち止まって戦えば、比較的安全…?

 

 

f:id:stgk:20190520210224p:plain

 

しかしケルベロス本体の地の力も強く、耐久力も高かったりで敵の攻撃を耐えながら戦うのさえもかなりの厳しさ。

結果自身のキャラスペックでは、ここでの戦いは完全に持久戦という状況に。

 

うっかり動いてしまって炎に触れてミスというパターンを頻発し、ここでの戦いは相当の苦戦を強いられました。10回以上はリトライを繰り返していたような…。

 

 

f:id:stgk:20190520215652p:plain

 

幾たびも地に伏せられるという苦い結果となりましたがケルベロス、どうにか撃破完了。

ほんと手ごわかったです…この先登場するボスはどれもこんな強さで迫ってくるんでしょうか。(汗 ちょっと不安が出てきます…。

 

 

f:id:stgk:20190520233303p:plain

 

ケルベロスを打ち倒し、開かれた奥の通路を経て辿り着いたのは裁きの広間

死の世界ハデスでの長い旅。その道のりを経てそこで待ち受けていたのは―

 

 

 

といったところで今回の冒険はここまでとなります。 

果たされる裁きの塔での3人の裁判官との対峙―

いよいよエリュシオンへと至る扉が開かれる時が来るのでしょうか?

 

 

それではまた次回―

 

(次回に続きます)