「シェンムー I & II」 をプレイ/「シェンムー I」篇(3)

f:id:stgk:20190727190056j:plain

 

商品情報:シェンムー I & II

対応機種:Playstation4

販売:セガ

発売日:2018年11月22日

価格:通常版:4,000円(税別)

   限定版:6,000円(税別)

限定版仕様:特製パッケージ封入

「シェンムー I & II サウンドコレクション」CD2枚組同梱

 

 

 

「シェンムー I & II」をプレイ第3回となります。

 

今回は「シェンムー I」篇の第3回。藍帝が乗っていたという黒い車の情報を求めて、桜ヶ丘で情報を集める涼ですが…。

 

 

 

 

1986年12月4日(木) 桜ヶ丘

 

 

f:id:stgk:20190801193146j:plain

 

調査2日目。

稲さんが昨日言っていたとおり、下駄箱の上におこづかい(500円)が例の封筒に入れて置かれていました。

2日以降、毎朝玄関から靴を履く際に自動で受け取る仕組みになっています。

 

 

f:id:stgk:20190731181006j:plain

 

桜ヶ丘へ向かう山の瀬の路上。

今朝はサッカーボールで遊ぶ子供たちの姿が挿入デモから確認できます。

 

ふと蹴り上げられて宙を舞うボールが、涼の方へと飛び込んできますが―

 

 

f:id:stgk:20190731181354j:plain

 

ここで一瞬、画面内に×ボタンのアイコンが表示されるのですが、一定時間内に正しくボタンを押す事で、この危機を回避することができます。

一方、ボタンを上手く押せなかった場合は成功時とまた違った結果に。

 

本作においてQTE(クイックタイムイベント)と称されるこのシステムはこの先も随所に挿入されており、同様のシステムを採用したゲーム作品が本作以降多数輩出されています。

 

それまでのゲーム作品ではただ眺めるだけだったムービー内の展開を自分の手で操作して、その後の運命を変えるといったこのギミックの影響力は大きく、ゲーム作品においての新たな演出として大きく貢献したシステムだったと言えるでしょうか。

 

 

 

f:id:stgk:20190731191711j:plain

 

さてそんなわけで、黒い車の手がかりを求めて今日も桜ヶ丘に。

涼の前方には、野良犬が自由気ままに闊歩してる光景が。

筆者の地域でも今の時代、道端で野良犬なんてまず見かけませんね…。

 

 

f:id:stgk:20190731192632j:plain

 

昨日の調査によると。黒い車のことを知っていそうな人物として住谷さん山岸さんの2名の名前が挙がっていました。

というわけで、まずは住谷さんを訪ねます。

 

 

f:id:stgk:20190731193044j:plain

 

住谷さんから聞けた情報は、以下の2つ。

 

「車にはねられたという猫のそばで、子猫が泣いていた光景を見た」

「山岸さんが公園の角で、急に来た車を避けた拍子に転んで大騒ぎだった」

 

といったもので、どちらも昨日の時点でめぐみちゃんから得られた情報と全く同じで、これといって新しい情報はなし。

黒い車については山岸さんの方が何か知っていそうですね。

 

 

f:id:stgk:20190731193958j:plain

 

阿部商店方面にある山岸さんの家へと向かう際、一人のお婆さんに呼び止められた涼。

 

何か事情がありそうなのを察して尋ねてみたところ、「山本さんの家を探してるのだが、目が悪くて表札をはっきり読めずに困っている」とのこと。

 

自分が探して来るので先にある公園で待っててほしい、と涼は山本さんのお家を探すことになりました。

 

 

f:id:stgk:20190731194638j:plain

 

一軒一軒の表札をL2ボタンでズームして調べていくと…ありました、山本さん。

公園で待たせているお婆さんのもとに早速報告に向かいます。

 

 

f:id:stgk:20190731195049j:plain

 

桜ヶ丘公園ではブランコに腰掛けて涼の報告をじっと待つお婆さんの姿が。

ここも昨夜練習の時に訪れた時と違って、日中はしっかり人気を感じられます。

 

 

f:id:stgk:20190731195250j:plain

 

 

f:id:stgk:20190731195333j:plain

 

お婆さんに感謝された涼ですが、立ち去る直前にもお辞儀にお辞儀で返す丁寧さ。

 

「今どきめずらしい、やさしい子だねぇ」

涼の対応に感心したお婆さんは、姿が見えなくなるまでその立ち去る後ろ姿を優しく見守ります。

 

このイベントもトロフィー取得フラグとなっているので、実際に本作をプレイする際にはお見逃しなく。

 

 

f:id:stgk:20190731200812j:plain

 

続いて黒い車の事を知ると思われる2人目の人物、山岸さんを訪ねます。

 

 

f:id:stgk:20190731205006j:plain

 

山岸さんの話によると、黒い車は桜ヶ丘公園の角を猛スピードで抜け、ドブ板の方へ走って行ったとの事。

 

ドブ板― 次の手がかりを探せそうな場所の名前が出てきました。

当の山岸さんも轢かれそうになったとの話でしたが、大事はなく一安心といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

1986年12月4日(木) ドブ板

 

 

f:id:stgk:20190731211116j:plain

 

ドブ板方面へと向かう方法は2つ。どちらも桜ヶ丘エリアからとなりますが

山岸さん宅前の道路をそのまま進む方法と、住谷さん宅前の道路を進む方法です。

 

出てくる場所こそ異なりますが、どちらからもドブ板の商店街の方に通じているので好きな方から進入して問題ありません。

 

 

f:id:stgk:20190731211225j:plain

 

ドブ板方面に出て来るなり、道の隅で女学生と思しき2人組が屯している場面に遭遇。

 

スカート丈が異様に長い制服ー 典型的な昭和の不良女子といった2人組ですが、彼女たちから得られる有用な情報はなし。

 

「なんだよテメー」

「気安く声かけんじゃねぇよ」

「あとで泣き見るよ」

 

話しかけてもこんな具合でメンチを切られるだけです。これといったイベントもなし。

 

うーん、しょうがない。他の人を当たってみることにします。

この辺りは人通りがほとんどないので、もっと人気のありそうなところまで移動してみましょう。

 

 

f:id:stgk:20190731212502j:plain

 

さて、やって来たドブ板エリアですが、ここは商店街となっており行く先々にいろんな店舗が立ち並んでいます。

 

特に黄色文字で店名が表示される施設では、どこも店主がいたり店内に入れるといった特徴があります。

全てをピックアップすることはできませんが記事を書き進めるに伴い、その内のいくつかを紹介していこうと思います。

 

 

f:id:stgk:20190731212826j:plain

 

各店舗をあちこち眺めつつ、訪れたのは「ファニーベア」というバーガーショップ。

店内ではなく屋外のベンチで腰かけて食事、といった屋台形式のお店でしょうか。

試しにここで黒い車のことを尋ねてみることに。

 

 

f:id:stgk:20190731213547j:plain

 

ファニーベアの店員からはアイダさんの女の子が黒い車にドロ水をはねられた、と言う情報が。

 

アイダというのは花屋の店名で、そこの娘がその被害者ということのようですが、涼はすかさず「原崎のことですか?」と聞き返しています。

 

 

f:id:stgk:20190728142825j:plain

 

原崎という名は以前に出て来たような…?

連載第1回で涼が自宅から電話をかけていた相手が原崎という名前でしたが、確か涼のクラスメートの女の子ということでしたか。

 

「猛スピードで通りかかる場面に遭遇した」という意味では山岸さんと同じような境遇で、正直なところあまり詳しい情報を持っているとも思えませんが、ひとまず花屋のアイダさんを探して、原崎に話を聞いてみることにします。

 

 

f:id:stgk:20190731214648j:plain

 

 

ファニーベアの道を少し進んだ斜め向かい辺りに、花屋「アイダ」はありました。

店頭ではタートルネックのセーターと短めのチェックスカートを着た少女が店番をしている様子が。

彼女が涼のクラスメート、原崎なのでしょうか?

 

 

f:id:stgk:20190731215105j:plain

 

涼の口振りからも、店頭の少女はやはり原崎当人のようです。

早速単刀直入に泥ハネの事を尋ねてみますが―

 

 

f:id:stgk:20190731215517j:plain

 

原崎からは、泥をはねていった車は黒い高級車でこの辺ではあまり見かけない車だったこと

ホットドッグ屋トムが車の中の人物ともめていた という2つの話を聞くことができました。

 

f:id:stgk:20190801204633j:plain

 

ということでホットドッグ屋を探す必要が出てきましたが、いったいドブ板の何処にあるのか。これも歩きながら聞いて回るしかなさそうです。

案外目立つ店舗なのかもしれませんが―

 

 

f:id:stgk:20190801204843j:plain

 

ドブ板をあちこち歩き回ってる内に、ピンクの車体が印象的な屋台を発見。

 

「おいしよ」と書かれた張り紙がなんだかインパクトがあります。

なにやら屋台の傍で独特のリズムで身体を揺らしている人物が…彼に話を聞いてみます。

 

 

f:id:stgk:20190801205153j:plain

 

一目でレゲエスタイルと分かる容姿をした、彼の名はトム

このホットドッグ屋の店主であると同時に原崎との会話の中で挙がっていた、黒い車と言い争ってたと思しき人物です。

 

 

f:id:stgk:20190801205816j:plain

 

早速黒い車と言い争ってた件について尋ねてみると、覚えていないと口を閉ざすトム。脅しでもかけられているのか、どうも煮え切らない態度を見せます。

 

「親父を討った仇敵かもしれないんだ、何か見ていれば教えてほしい」と涼が強く出てみたところ、トムも協力的になってくれたのか知っている範囲の事を話し始めました。

 

乗っていた人物はチャイニーズスタイルの衣装を着ていた。

お客さんがぶつかりそうになり、文句を言ったらすごい殺気のこもった目で睨まれた。

 

うーん、上の2点の情報だけをとってもその人物が藍帝である可能性は高いです。

 

 

f:id:stgk:20190801211136j:plain

 

「チャイニーズのことは、チャイニーズに聞くネ」

そう言ってトムは、屋台の目と鼻の先にある世界旅行社という旅行会社を涼に紹介。

チャイニーズ…中国人の客が良く訪れているようです。

 

当のトムはまだ話す事があるようですが、まずは彼の案内に沿って世界旅行社を訪ねてみることにします。

 

 

f:id:stgk:20190801211714j:plain

 

f:id:stgk:20190801212151j:plain

 

世界旅行社の受付でトムが言っていた特徴の人物について心当たりがないか尋ねてみたものの、そういう客は来ていないという回答が返ってきます。

 

薬局の傍の中華料理屋が従業員が全員中国人なので、その件について何か知っているかも? ということで代わりに紹介されましたが…。

 

 

陽も落ちてきたので、早くそのお店を探し当てないと締まってしまいそうですね。

急いで探しに行ってみます。

中々核心へと迫れずあちこち行ったり来たりさせられていますが、地道な捜査は続きます。

 

 

f:id:stgk:20190801213623j:plain

 

そうしてやって来たのは味壱という中華料理店。

ここで何か手がかりが得られると信じたいところですが―

 

f:id:stgk:20190801213736j:plain

 

味壱はどうやらこの陶(とう)さんのご夫婦が経営しているようです。

 

涼は早速ドブ板を走り去ったという、黒い車に搭乗していた中国人について心当たりがないか、と尋ねてみますが―

 

 

f:id:stgk:20190802194315j:plain

 

この辺りに最近来たという中国人のことについては分からないが、三刀の人たちなら何か知っているかも。という情報が得られました。

 

突然出て来た「三刀」という単語ですが、これは御夫婦の話によると"刃物を使う3種類の商売人"のことを指すとのこと。

床屋(カミソリ)、仕立て屋(ハサミ)、料理人(包丁)という分類のようです。

 

上の3種類のお店…商店街である此処ドブ板ならいずれもありそうですね。

 

 

f:id:stgk:20190802195353j:plain

 

親切なことに陶さんはそれぞれ誰がお店をやっているかまで教えてくれます。

 

そこから挙がった名前は前田さん、糸井さん、満福軒の3箇所。

うーん、何処から尋ねてみるべきか…。

 

とりあえず満福軒に行ってみましょう。

 

 

f:id:stgk:20190802195649j:plain

 

少し暗くなり始めた頃に満福軒を発見。どうやらラーメン屋さんのようです。

 

 

f:id:stgk:20190802200059j:plain

 

出迎えてくれたのは女性店主の小林さん。

陶おじさんからこのお店の主が三刀であることを聞きました、とまずは挨拶する涼。

 

どうでもいいことですが、注文もしていないのに既に置かれているチャーハンが気になってしょうがない…。なんともお腹が空くシルエットではあるのですが。(笑)

 

 

f:id:stgk:20190802201150j:plain

 

しかし主人はもういない(故人)、ということでここでは別の三刀の人物を紹介されます。

そう言って紹介されたのは永(えい)さんと呉(ご)さんという二人の人物。今頃の時間なら多分近くのバーで飲んでいるのでは、とのこと。

 

 

 

時計を見ると午後7時―

今日の活動できる時間もわずかとなってきたので、今夜は最後に近くのバーを当たってみてこの二人を探してみることにします。

 

 

 

f:id:stgk:20190808232024j:plain

 

とりあえずで選んだこのお店ですが、その二人は果たしているのかどうか?

 

 

f:id:stgk:20190808232552j:plain

 

「なに? 私、永だが?」

早速その内の1人を発見。隣に座る人も呉と名乗った事で、どうやらこのお店で当たりのようです。

 

 

f:id:stgk:20190808232823j:plain

 

さっそく、藍帝という中国人に心当たりがないか二人に尋ねてみる涼ですが、残念ながら二人にはその人物については見当もつかない様子。

 

それでもヤマモトさん満福亭の女性主人)の紹介なら協力しよう、ということで三刀の一人が主人を務めているという劉・理髪店を紹介されました。

 

長らく営業を止めていたようですがそろそろ主が店を再開するとのことで、これは近い内に尋ねることが可能となるのでしょうか。

 

 

f:id:stgk:20190809004632j:plain

 

接客を行うアケミさんに劉・理髪店の場所を尋ねると、「髪切りたいんならドブ板の奥か、入り口に行きなさい」というコメントが。

さて、どちらがそのお店なのでしょうか…?

 

 

ひとまずこのお店で聞けることはこのくらいのようです。

問題の理髪店を尋ねられるのは、時間的に翌日以降となりますか。

 

f:id:stgk:20190809005002j:plain

 

帰りにあらかじめ二つのお店の場所を確認しておくことにします。

ドブ板の奥側にあるこちらが理容マエダ

ゲームセンターの正面側というのが目印でしょうか。

 

 

f:id:stgk:20190809010417j:plain

 

一方、劉・理髪店はドブ板の入り口側に。

桜ヶ丘の不良少女が屯している場所の向かいにあります。

 

 

f:id:stgk:20190809011603j:plain

 

さてさて…すっかり遅い時間になってしまったので急いで我が家へ。

 

「シェンムー I」では基本的に移動用の乗り物や、ファストトラベルのような便利なものはないので行きも帰りも徒歩です。

 

とはいえマップデザイン上、長距離移動を要求されるような作品ではないのでその点はプレイ中も特に不便は感じないと思います。

 

 

f:id:stgk:20190809011130j:plain

 

結局あれこれと歩き回っている内に、日付が変わりそうな時刻に。

あまり帰宅が遅くなると、上写真のように玄関先で稲さんに出迎えられるというイベントが発生します。

 

「なるべく11時までには帰るようにする」と返す涼ですが…。

稲さんを心配させないよう、早めの帰宅を心がけておきたいところですね。

 

 

 

 

 

といったところで、今回の記事はここまでとなります。

 

淡々と藍帝の足跡を追う合間の、日常的なやり取りやエピソードがいい具合に気持ちを和やかにしてくれますね。

ストーリーも追いつつ今後もこういった一コマは、文中に少しずつ取り入れて紹介して参ります。

 

それではまた次回。

 

 

(次回に続きます)