豊泉寺(入間市)~狭山茶の名産地にある本格的な禅宗式庭園~

入間市にある、豊泉寺に参拝して市の文化財に指定されている庭園を見て来ました。

豊泉寺への交通アクセス

訪問日は「入間の茶畑」を見た後、徒歩で「豊泉寺」に訪れました。

「霞川」沿いの遊歩道と「県道63号」 を歩き、「霞川」の北にある住宅街の街路に入ります。

街路をしばらく歩くと、「豊泉寺」が見えて来ました。

駐車場

境内の前に、大きな駐車場があります。

駐車場には、トイレも設置されていました。

近隣交通機関から

 西武池袋線「 仏子駅」から「県道195号」を 経由して約2.5 km

 西武池袋線 「入間市駅」から「県道63号 」を経由して約4.6 km

豊泉寺(ふせんじ)

埼玉県入間市にある「豊泉寺」は、戦国時代の天文元年(1532年)に小田原北条氏の家臣豊泉左近将監が父母や将兵の菩提を弔うために開基し木蓮寺瑞泉院四世本室徳源禅師が開山した曹洞宗の寺院です。

御本尊は虚空蔵(コクウゾウ)菩薩。

山号は松龍山 。

山号の いわれは「境内の裏一帯が樹齢数百年の古松で龍のような形を
していることから」だと伝えられています。

境内に入り本堂の前で手を合わせて、本堂西側の小路から本堂裏側にある庭園に向かいました。

本堂

本堂は新しい平屋の入母屋造り。

狛犬

狛犬は阿吽両方が玉を加えていました。

阿形の狛犬が玉を加えているのは見かけることがありますが、両方が玉を口にしているものは珍しいのではないでしょうか。

口の中の玉は、「間違っても、世人を惑わしたり、傷つける妄言を発してはならない」という戒めの意味や、擬宝珠を表しているといわれます。

 

 

擬宝珠は宝玉という意味の他にも、生命力が強く、特有の匂いが邪気を払って魔除けになる「ネギの花」を表現しているといわれています。

鐘楼

本堂の東側、第3駐車場の北には鐘楼があります。

梵鐘が最初に造られたのは寛文九年(一六九九年)ですが、昭和十八年(1943年)太平洋戦争のため供出されました。

現在の梵鐘は、昭和三十九年(1964年)に再建されたものです。

直径は72センチメートル、重量450キログラムあります。 

棟門(むねもん)

庭園入り口には、木造の棟門(むねもん)が造られています。

豊泉寺の庭園

本堂裏にある庭園は、明治年間に造られた本格的な禅宗式庭園で入間市の指定文化財になっています。

地元根岸の水村藤四郎氏によって造られました。

最初、水村藤四郎氏は父藤兵衛氏の後を継いで茶業に励み、茶の製法研究と品質向上に努め、根通り茶独特の”ちらしより”という技術を開発しました。

中年より造園業に転じ、東京に出て多くの造園に携わり腕を磨いたといいます。

豊泉寺の庭園は造園当初よりは多少手が加えられていますが、基本的には変わっておらず、市内にある本格的な禅宗式庭園として貴重なものです。 

豊泉寺の庭園は加治丘陵の木立を後景にして、池の周りの傾斜地に植栽や石組みを配しています。

 

植栽の中心はツツジ。

池には亀石。

庭園の上部には石塔と三尊石があります。

(周囲の傾斜地の小さな石組は、諸仏を表しているのでしょうか。)

まとめ

コンパクトながら、池と植栽・石組みがバランスよくまとまった趣のある庭園でした。

植栽の中でも、多く植えられているツツジの花が咲く4月はより庭園が美しく見えるそうです。

基本情報

所在地

埼玉県入間市中神681

交通アクセス

西武池袋線「 仏子駅」から「県道195号」を 経由して約2.5 km

西武池袋線 「入間市駅」から「県道63号 」を経由して約4.6 km

料金

無料

訪問日

2019年11月

地図

こちらの記事も書いています

www.banshu-doukoukai.com

www.banshu-doukoukai.com

www.banshu-doukoukai.com

www.banshu-doukoukai.com

www.banshu-doukoukai.com