長谷の棚田(ながたにのたなだ)~伝統的な石積み施設を持つ広大な棚田~

大阪府の最北端の町である能勢町の「長谷の棚田」に行ってきました。

アクセス

訪問日は、車で「大阪市」方面から県道603号を経由して訪れました。

案内板などが見当たらなかったので、道をさがしながらの行程となりました。

県道603号から、川沿いに延びる農道に入り棚田へ向かいます。

(目印は棚田農園と長谷方面への案内です。)

道の両側に水田が広がる、田園地帯をぬけ棚田に到着。

駐車場は見当たらなかったので、広めの道路の路肩に車を寄せて棚田を観賞しました。

近隣交通機関からは

能勢電鉄「山下駅」から国道173号 経由で約12.9 km

能勢電鉄「山下駅」よりバスに乗車「森上」で下車をして府道602号 経由で約2.7 km

長谷の棚田

日本の棚田百選に選ばれている「長谷の棚田」の面積は、約30ヘクタール。

棚田の平均勾配は、かなり急傾斜といえる5分の一。

標高が高い田と低い田の標高差は、200mもあるそうです。

思っていた以上に広い棚田で、標高564mの三草山(みくさやま)の中腹から山裾まで棚田が連なっています。

まず棚田を西側から眺め、その後外周部を周りました。

西側から見た棚田は非常に広大。 

これほどの水田地帯が、大阪府に存在するとは驚きです。

農林水産省のサイトによると、「長谷の棚田」には約550枚もの棚田があるそうです。

上部から見る棚田も、広々として見応えがあります。

「長谷の棚田」には、麓から中腹を周る舗装路がつけられていました。

一車線ほどの幅の道も多いですが、所々に離合場所が設けられています。

(舗装路は観光用の路ではなく生活路なので、車で走る場合は気を付けて運転しましょう。)

これだけ広々と棚田が続いていると、夏の青葉や秋の稲穂の時期も素晴らしい景色になるのではないでしょうか。

茅葺き屋根の民家が見えるのも棚田の景観として素晴らしく、写真や絵画を趣味にしている人にとっても魅力のある場所になっているのではないかと思います。

広大な水田地帯が広がる今の姿からは想像できませんが、かつてこの付近は水の豊かな平地が少なかったそうです。

そこで、長い年月をかけて灌漑工事が続けられました。

雨水が流れる急峻な谷川を石積みで囲い、その上に耕土を置き「がま」と呼ばれる地下排水溝を整えながら棚田を開いていきました。

その給排水設備が築造されたのは、戦国時代末期以前だということです。

(水田の間に見える用水路も「がま」の一部でしょうか。)

休耕田は少し目につきましたが、まだ景観をそこなうほどではありませんでした。

まとめ

 山の中腹から麓の平野部まで広がる、スケールが大きい見ごたえのある棚田です。

 特に朝日に映える棚田だそうで、田に水が張られる時期にはカメラマンも訪れているそうです。

なお棚田のひろがる三草山では、ミドリシジミ類の珍しいチョウ・ゼフィルスがみられます。

そのことから「大阪みどりのトラスト協会」が中腹の地上権を取得し、「ゼフィルスの森」として保全しています。

基本情報

所在地

大阪府豊能郡能勢町長谷

交通アクセス

能勢電鉄「山下駅」から国道173号 経由で約12.9 km

能勢電鉄「山下駅」よりバスに乗車「森上」で下車をして府道602号 経由で約2.7 km

料金

無料

訪問日

2019年5月

地図