龍宮岩 ~清流が造りし白い竜宮~

岡山県真庭市を流れる新庄川。

その清流の河中にある「龍宮岩」に行ってきました。

アクセス

訪問日は JR「中国勝山駅」方面から車で、国道313号/国道181号を経由して「龍宮岩」に向かいました。

「国道181号」から美作街道「国道313」に入り、次に「県道321号」にのります。

しばらく進み、出雲街道「国道181号」と交わる道でそちらに乗り換え、数キロ進むと左前方に「龍宮岩」の説明版が見えてきます。

 説明版の前には駐車スペースがあり、広さは普通車数台分です。

 近隣交通機関などから

JR「中国勝山駅」から県道321号/ 国道181号 経由で約6.8キロ

名勝「神庭の滝」から県道201号/県道321号/ 国道181号経由で約12.2 キロ

龍宮岩

駐車場から林を抜けて「新庄川」の川岸へ向かうと、「龍宮岩」に到着します。

「龍宮岩」 は新庄川の流れで石灰岩が不思議な形に侵食され、その光景が「龍宮」をイメージさせることから、そう呼ばれているそうです。

新庄川の清流が流れる石灰岩で出来た真っ白い岩場は、どことなく不思議な雰囲気の漂う空間でした。

龍宮滝

「龍宮岩」 の正面には、滝が流れています。

落差8mの直瀑で、直接新庄川に水を落としています。

大きさはそれほどでもありませんが、複雑な形に浸食された石灰岩が並ぶ龍宮岩から見る滝の姿は実に幻想的です。

鬼清水

「龍宮岩」 の下流には、「鬼清水」と言われる名水が石灰岩から湧き出ています。

「作西三清水」の一つと言われ、出雲松江藩の第7代藩主松平不味(まつだいらふまい)公が参勤交代のおり愛飲したとも伝えられています。

夏でも冷たい湧き水は、約12度をキープしているそうです。

神代(こうじろ) 鬼の穴

竜宮岩から国道181号を南に数百m進んだ場所に、神代(こうじろ)鬼の穴という鍾乳洞があります。

この地方では鍾乳洞のことを鬼の穴と言い、ここの鬼の穴は神庭の滝近くにある「鬼の穴」とつながっているという伝説があるそうです。

鍾乳洞は大小二つあり、大きな方の入口は幅約4m高さ約10mあります。

洞内に50mくらい進むことができ、センサー作動式の自動照明もついています。

ちなみに洞内には、幕末に西園寺公房が薩長の兵を率いて勝山に泊まったときに刻んだ、壁書が残されているそうです。

小さな方の鍾乳洞の奥行きはあさく、すぐに行き止まりですが照明はないので中に入る場合には懐中電灯が必須です。

まとめ

河中にある白い浸食岩の中を清流が流れる不思議な景観は独特で、他の場所ではなかなか見られないと思います。

龍宮岩や鬼清水があるこの一帯は、勝山町指定名勝地に指定されています。

「日本の滝百選」に選ばれ中国地方随一のスケールを誇る神庭の滝にも近いので、名勝をめぐる行楽コースに組み込むのもいいのではないでしょうか。

基本情報

所在地

岡山県真庭市神代

交通アクセス

JR「中国勝山駅」から県道321号、国道181号 経由で約6.8キロ

料金

無料

訪問日

2018年8月

地図