青苔寺で見事な枯山水庭園を見て来ました

山梨県上野原市にある青苔寺に参拝してきました。

アクセス

訪問日は、「上野原駅」から徒歩で向かいました。

上野原駅から「県道506号」へ出て左折し、桂川橋を渡り坂道になっている「県道35号」を歩きます。

途中、道なりに大きく右にカーブする道と、左に行く道があるのでそこを左折。

桂川沿いの道を歩いて行くと、坂の上に「青苔寺」が見えてきました。

「上野原駅」から約1.6 km。

近隣交通機関から

上野原駅から「県道506号」「県道35号」経由で約1.6 km

 中央道上野原IC付近から「県道520号」「県道35号」経由で約2km

青苔寺 (せいたいじ)

「青苔寺」は、山梨県上野原市にある臨済宗南禅寺派のお寺です。

 鎮守は「青苔寺」の上に位置する、神明社の神明大明神としています。

御本尊は「薬師瑠璃光如来」。

山号は「飯盛山」。

1395年(応永2年)に、敕謚法光圓融禅師(峻翁令山)に拠って開創されました。

開基は小俣家とされています。

先住職が入寺する昭和43年以前は、約80年余り無住であった為、境内地は荒廃していましたが、住職や檀家が力を合わせ復興と興隆に努めた結果現在のような立派な寺院になりました。

坂をあがり山門をくぐると、向かって左に約6mの美寶観音(みたからかんのん)像がたつ観音堂。

右に鐘楼があります。

(山門)

(鐘楼)

(鐘楼からの眺め)

山門正面の手水鉢で手を清め歩を進めると、真正面に立派な本堂。

向って左手に茶室と客殿。

そして右手には、首都圏ではあまり見られない大きな枯山水庭園が広がっています。

(趣のある手水鉢)

(茶室の前の庭)

(客殿前の植栽)

枯山水庭園

庭園には白砂が敷かれ、その奥には植栽の植えられた島が造られています。

白砂は大河もしくは大海、そして植栽の植えられた島は須弥山か蓬莱を表しているものと思われます。

(最初は、雰囲気的に島は蓬莱を表しているのかと思いましたが、周囲に石が配され中心に大きな石が置かれていたので、須弥山を表しているのではないかと思います。)

借景としている背後のなだらかな山並が、奥行きも感じさせる見事な枯山水庭園です。

ちなみに、植栽の中でもひときわ目立つ大きな樹は桜です。

春には、見事な花を咲かせ境内を華やかに彩ります。

そして、花の見頃にはライトアップも行われているようです。

自分はライトアップされた時の庭園は写真で見ただけですが、幻想的な光景を映し出していました。

まとめ

首都圏有数の、見ごたえのある枯山水庭園が観賞できる寺院だと思います。

また桂川と山並みを眺められるロケーションを持ち、客殿前の植栽や茶室前の庭も綺麗に整えられている境内全域の景観に優れた寺院です。

基本情報

所在地

山梨県上野原市鶴島

交通アクセス

上野原駅から「県道506号」「県道35号」経由で約1.6 km

料金

無料

訪問日

2019年7月

地図

精進料理

青苔寺では、四季の野菜を中心としたおいしい精進料理を客殿でいただけます。

法事等の他、家族や友人同士の会合など、だれでも予算に応じた精進料理がいただけるそうです。

料理の内容等は、お寺に相談できます。

電話:0554-62-3198

ファックス:0554-62-3182

メール:seitaiji@seitaiji.com