手賀沼の桜並木を歩いてライトアップも見て来ました

昔、文化人たちが別荘地に選んだ湖沼「手賀沼」で桜を見てきました。

アクセス

 訪問日はJR「我孫子駅」から「手賀沼公園」まで行き、桜並木のある遊歩道を歩いて桜を見ました。

JR「我孫子駅」南口から駅前通りをまっすぐに進み、「手賀沼公園」へ向かいます。

駅から公園までは約1キロ。

大きな道をただまっすぐ進めばいいので、迷う心配はないと思います。

近隣交通機関からは

JR「我孫子駅」南口から約1キロ

手賀沼の桜

 千葉県北部の「我孫子市」、「柏市」にまたがる広大な湖沼「手賀沼」に敷かれた手賀沼遊歩道には約20種類、約600本の桜が植樹されています。

遊歩道では 代表的な桜である染井吉野をはじめ、桜茶としても使用され特徴的な緑色をした ギョイコウや一重と八重の花が入り混じって咲く ミクルマガエシ また開花時期のやや遅い八重桜など様々な桜が見られ、4月中旬頃まで桜を楽しむことができます。

遊歩道の桜並木

 公園からは、桜並木になっている遊歩道を東へ歩きました。

とりあえずの目標は、桜が最も密度濃く植えられている「手賀沼親水広場」付近です。(沼の堤防に植えられている菜の花も綺麗に咲いていました。)

公園から「手賀沼親水広場」までは途中、手賀沼大橋高架下をくぐって約1.5キロ。

徒歩で20分程です。

手賀沼親水広場・水の館前

遊歩道に造られた桜並木の中でも、「手賀沼親水広場」周辺の桜は特に見ごたえがあります。

桜が歩道の両側から枝を延ばす景観は、まさに桜のトンネル。

歩道を歩く人はみな足をとめて、桜を見上げたり写真を撮ったりしていました。

(桜並木の夕景)

「 手賀沼親水広場」・「水の館」付近は桜の花の見ごろに行われる「あびこ桜キャンペーン」の会場にもなっています。

(水の館)

キャンペーン期間中は出店が出展され、ステージイベントなども開催されるようです。

 

ライトアップ(あびこ桜キャンペーン)

訪問日は我孫子市市政45周年を記念してはじまった「桜プロジェクト」の一環で、桜のライトアップが実施されていました。

ライトアップは平成27年度から行われていて、2年目からはライトを増設して実施されているそうです。

 会場は「手賀沼親水広場 」遊歩道沿いのデッキ周辺。

手賀沼カッパ像や水の館が見える区間です。

ライトアップ時間は日没~21:00。

陽のあるうちに見る華やかな景観とはまた違い、湖のほとりに静かに照らし出された桜は 幻想的な場景を見せていました。

高野山ふれあい市民農園の菜の花畑

「手賀沼親水広場」から一キロほどの距離にある「高野山ふれあい市民農園」に造られている菜の花畑も、ちょうど見ごろを迎えていて綺麗でした。

菜の花畑は結構な広さがあり、中には散策道(?)がありました。

湖沼風景を背景にした菜の花畑というシチュエーションは自分には新鮮で、写真を撮っていて楽しかったです。

菜の花は桜と開花時期がかぶるので、農園に菜の花が植えられている年には桜の花見に合わせて菜の花も見られるのではないかと思います。

まとめ

かつての別荘地である湖の湖畔に造られた、穏やかな情緒のある桜並木です。

圧倒されるほどの数の桜があるわけではありませんが、雰囲気の良い穴場的花見スポットだと思います。

菜の花畑の菜の花も綺麗で見ごたえがありました。

こちらの記事も書いています 

www.banshu-doukoukai.com 

www.banshu-doukoukai.com

基本情報

 

所在地

千葉県我孫子市若松1番地

交通アクセス

我孫子駅から手賀沼公園まで約1キロ

料金

無料

訪問日

2019年4月

地図