鳥取のマチュピチュ 池田の棚田

鳥取県河原町に「鳥取のマチュピチュ」といわれる棚田があると聞き、棚田のある神馬集落に行ってきました。

アクセス

「河原駅」方面から「小河内加茂線」県道230号を南に走り、神馬集落に向かいました。
集落に入り坂道をしばらく上がると、県道230号と集落内の道との分岐近くに周辺の地図が掲示してありました。
見ると地図にもしっかりと「鳥取のマチュピチュ」と明記してあります。

「鳥取のマチュピチュ」と呼ばれる場所は、集落を抜けさらに山を登った場所にあるようです。

車一台がぎりぎり通ることの出来る集落の道をそろそろとぬけ、棚田に向かう山道に入りました。
集落から棚田に通じる道も細く、車一台がなんとか通れるほどの幅しかありません。


ガードレールもないつづら折れになった坂道を登っていくと、目の前が開け「鳥取のマチュピチュ」といわれる「池田の棚田」にたどりつきました。

近隣交通機関からは

JR「河原駅」から 県道196号 、県道49号、県道230号経由で10.8 km

JR「用瀬駅」から国道482号 と 県道230号 経由で9.3 km 

アクセスの注意点

棚田までの道は、コンクリートで舗装はされているものの道幅は狭く急なカーブも多い難路です。
バイクや自転車で訪れる分には問題ないと思いますが、車で棚田を見に行く場合は悪天候をさけ軽四か軽トラのような小さな車で行く方がいいと思います。

集落から棚田までは2キロ程だそうです。
車で行くことが無理そうなら、集落の「ふれあいセンター」の広場に駐車させていただいて歩いて向かうことを考えておいてもよいかも知れません。

棚田の景観

行道の狭い急こう配からは、想像できないほどなだらかで広々とした斜面に棚田が連なっています。

標高430m地点にある棚田からは河原の田園地帯が見え、周囲は深い緑の森林に囲まれています。

この棚田には「鳥取のマチュピチュ」以外にも「天空の棚田」という異名もあるそうです。

たしかに最初にこの棚田を上部から眺めた時は、空を近く感じました。

その景観にふさわしい二つ名といえるでしょう。

こんな山中になぜ、このようななだらかな地形が出来たかが不思議でしたが、後で話を聞いた処によると
「昔、池だった場所が決壊して田が出来た」

という伝説があり
それを由来としてこの場所を「池田」と呼ぶそうです。

田に張られた水が風にさざめく様子は、まさに森の中にある湖の湖面のようでした。

 (もしかすると昔は隠し田だったのではなかったのかと思っています。)

まとめ

「鳥取のマチュピチュ」の名に恥じない秘境感の漂う棚田です。

くわえて、静かで景色も良く心地よい場所でした。

基本情報

所在地

鳥取県鳥取市河原町神馬

交通アクセス

JR「河原駅」から 県道195号、 県道196号 、県道49号、県道230号経由で約10.8 km

JR「用瀬駅」から国道482号 と 県道230号 経由で約9.3 km 

料金

無料

訪問日

2019年5月

地図