CATEGORY

Windows

  • 2022年9月16日
  • 2022年9月23日

Guns, Gore and Cannoli 2(Steam版)のプレイ後の感想と作品解説【レビュー】

1944年のアメリカ・ヨーロッパを舞台とした2D横スクロールアクション。主人公はヴィニー・カノーリ、別名『サグタウンの暴君』。組織に所属しない一匹狼のギャングだ。プレイヤーはヴィニーを操作し、マフィア・警察・ゾンビ・ナチスを倒しながら黒幕を探し求めることになる。

  • 2022年7月28日
  • 2022年10月1日

斬妖行 Eastern Exorcist(Steam版)を遊んだ感想と作品解説【レビュー】

古代中国(宋または明の時代がモデル?)が舞台の2D横スクロールアクションRPG。美しいグラフィックと多彩で爽快なアクションが楽しめるゲーム。主人公は蒼山派妖殺しの陸雲川と狐の半妖怪である夏侯雪。陸雲川と夏侯雪のストーリーは独立しており、どちらの主人公から遊んでも問題ない作品となっている。

  • 2022年5月12日
  • 2022年10月1日

Lumberhill(Steam版)ープレイ後の感想と作品解説【レビュー】

プレイヤーは木こりを操り森、アジア、ハワイ、恐竜、箱舟の世界で木こりとしてのタスクをこなす。ステージに設定された制限時間内にタスクを一つでも多く達成して高得点を目指す。火災、海賊、恐竜、サルといった邪魔がタスクの達成を難しくする。最大4人まで遊べ、協力プレイやチームプレイでも楽しめる。

  • 2022年4月28日
  • 2022年9月23日

ナインモンキー 功夫の秘儀(Steam版)ープレイ後の感想と作品解説【レビュー】

時代は1572年、明朝が統治する浙江省が舞台のベルトスクロールアクション・ゲーム。主人公のウェイ・チェンは祖父に育てられ、漁師として働きながら先祖伝来の棒術の修行に勤しむ毎日を送る。 ある日、村が盗賊に襲われ祖父は殺害され自身も重傷を負う。 僧侶に助けられたウェイ・チェンは敵討ちのため、盗賊に立ち向かうのであった。

  • 2022年2月27日
  • 2022年9月23日

Bright Memory Infinite (Steam版)を遊んだ感想。【レビュー】

2036年の近未来の地球を舞台としたファースト・パーソン・シューティング(FPS)。 『Bright Memory』の続編にあたり、『シア』を始めとする主人公側の登場人物は前作から継続しての登場です。 『シア』は『超自然科学研究機構(SRO)』に所属しており、突如上空に発生した原因不明の異変の調査に向かいます。

  • 2021年12月26日
  • 2022年10月1日

Bright Memory(Steam版)を遊んだ感想と作品解説【レビュー】

光学迷彩や物質転送装置が実用化されている、現実より科学技術の進んだ2020年の地球を舞台としたファースト・パーソン・シューティング(FPS)。 主人公は『超自然科学研究機構(SRO)』に所属する『シア』。テロ組織『SAI』に奪われた『九玄の魂』と呼ばれる物質を取り返すための闘いを描いたストーリーです。

  • 2018年4月22日
  • 2020年12月27日

コサックス ~攻城の世紀 レビュー

基本情報 タイトル:コサックス~攻城の世紀 ジャンル:リアルタイム・ストラテジー・ゲーム(RTS) プラットフォーム:WindowsXP メーカー:CDV Software Entertainment […]