クロスファイア -(ファミコン)を遊んだ感想と作品解説【レビュー】

スポンサーリンク

クロスファイヤーは、九娯貿易から1990年11月2日に発売されたアクションゲームです。

基本情報

タイトル クロスファイヤー
ジャンル 横スクロールアクション
プレイ人数 1人
プラットフォーム ファミリーコンピュータ
発売元 九娯貿易
発売日 1990年11月2日

 

あらすじ(ストーリー)

199X年、某国の巨大秘密組織がアジアを中心に6ヶ所の秘密基地を構えた。

組織は、その6ヶ所の基地を本拠に世界征服を企んでいた。その情報をキャッチしたCIAは、秘密組織を壊滅するための作戦を実行した。

しかし、CIAの通常兵器での敵基地侵攻は、幾度となく失敗に終わった。

CIAは最後の手段として、特殊工作員の「エリック」を基地壊滅の任務に就かせた。

「エリック」はCIAの特殊工作部隊の中でもっとも優秀な人物とされている。

今、「エリック」と秘密組織との壮絶な戦いが始まる。

 

ゲームについての概要

クロスファイヤーは、九娯貿易から1990年11月2日に発売された横スクロールアクションゲームです。

主人公は素手と銃で戦う特殊工作員。

ライフ+残機制。

初期ライフは4つ。

初期の残機は3。

コンティニューは3回。

スコアによって残機がふえます。

最初は素手と手りゅう弾で戦いますが、武器を得ることでパワーアップしていきます。

武器にはマシンガンとランチャーがあります。

全6ステージ構成。

各ステージには中ボスやボスが存在します。

ただし、ボスがステージの最後に出てくるとは限りません。

ステージの中間地点で出現するボスもいます。

 

操作やシステム

操作やシステムなどを紹介します。

操作

キャラクターの操作方法です。

移動 十字キーで移動。
ジャンプ Aボタンでジャンプ。
攻撃 Bボタンで攻撃。

武器を持っている場合は十字キーを入れている方向に攻撃をします。

武器を持っていない場合は進行方向にパンチ、↑ボタンとBボタンで手りゅう弾を投げます。

スタートボタン ゲームのスタート、ゲーム中に押すとポーズ。
特殊操作 梯子やロープ・鎖の上でジャンプして↑ボタンを押すと梯子やロープ・鎖につかまれます。

武器

武器はマシンガンとロケット弾の2つ。

それぞれ3段階にパワーアップします。

マシンガンを得るとライフが1つ回復します。

ロケット弾を得るとライフが2つ回復します。

ロケット弾の方が高威力だと感じました。

アイテム

ワッペン

ワッペンを得るとライフが2つ回復します。

1UP

1UPを得ると残機がふえます。

 

ゲームを遊んだ感想

クロスファイヤーは、6ステージ構成の横スクロールアクションゲームです。

操作方法はオーソドックス、操作性は良好です。

最初は近距離に攻撃するパンチと特殊な軌道を描く手りゅう弾で戦います。

ステージの途中においてある箱の中から武器やアイテムを獲得します。

はじめ私はこれがわからず、ステージをある程度進めると武器が手に入ると思い、ゲームオーバーを繰り返しました。

最初のステージすらクリアできず、戦闘ヘリと素手で対峙した時はもうどうしようかと・・・

武器の入手方法がわかってからは、かなり遊びやすい難易度になりました。

武器は3段階にパワーアップし、最強レベルでの攻略は爽快感があります。

ただし、残機を失うと武器のレベルが落ち、かなり弱体化します。

強い武器になっても調子に乗らず慎重に進みましょう。

それでも、わかりにくいトラップなどがあるので、何度もゲームオーバーになりました。

ステージをクリアすると劇画調のカットインが入ったり、ステージごとに主人公の服装が変わったりする演出によって、このゲームならではの独特の雰囲気が醸成されています。

また、このゲームはステージクリア時にもライフが回復しません。

珍しいシステムですが、これによりステージ終盤でも慎重なプレイが求められ、単身敵地に乗り込む特殊部隊員の厳しい状況が演出されている、と考えられなくはないでしょうか。

良好な操作性やステージ構成を覚えていけば何とかクリアできる難易度など、遊びやすいアクションゲームの特徴をもったゲームです。

少し大味なところもありましたが、けっこう楽しめました。

 

評価

個人的満足度10点満点中 6.0点

良い点

  • 良好な操作性
  • 初見クリアは難しく、やりこめばクリアできる適度な難易度
  • 劇画調のカットインやステージにあわせて変化する主人公の服装などの独特のこだわり

気になった点

  • 唐突なトラップの存在
  • ボス戦が、火力に任せたごり押しになりがち

 

ステージ紹介

此処から先は、ネタバレがあります。

新鮮な気持ちで、ゲームを遊びたい方は見ないでください。

1面

1面はブラジル。

1面と侮るなかれ、そこそこ難しかったです。

ボスは攻撃ヘリのハインド。

2面

2面はプラハ。

主人公はウェットスーツ。

2面のボスは潜水艦。

3面

3面はウラジオストク。

主人公は防寒着。

ボスは戦車。

強敵です。

弱点に集中攻撃をしてごり押しで倒しました。

この戦い方をするなら、ライフ多めで戦いを挑みましょう。

4面

4面はコロンビア。

輸送列車の上での攻防で強制スクロール面です。

とにかく前に進みましょう。

ボスは、輸送ヘリ。

5面

5面はアフガニスタン。

主人公は、前の面に引き続き半そで。

ボスは仏像。

!?

6面

最終ステージです。

秘密基地のような場所を進みます。

ボスは巨大武装ヘリコプター。

ごり押しせず、慎重に戦いました。

スポンサーリンク