ソードマニアック レビュー

商品情報:ソードマニアック

対応機種:スーパーファミコン

販売:東芝EMI

開発:WINDS

発売日:1994年2月11日

©1993 TOSHIBA EMI

DEVELOPMENT BY WINDS

f:id:stgk:20191220170937p:plain

2047年のネオ・ニューヨークが舞台の

ハードバイオレンスアクション

f:id:stgk:20191220183344p:plain

「ソードマニアック」は可変型スクロールのサイドビューアクションゲーム。

2047年のNEW NY(ネオ・ニューヨーク)を舞台に、合衆国からの要請を受けた刑事「ギア」がジーク・ダイン率いる国家「犯罪帝国ジーク」を相手に戦いを挑んでいく近未来風バイオレンスアクションとなっている。

f:id:stgk:20191220183440p:plain

f:id:stgk:20191220183531p:plain

電源投入後はビジュアルカットによるオープニングデモ(約2分)が流れる。

作品のテイストは90年代テイスト溢れるハードアクションタッチな作風そのもので、魔剣を操る孤高の主人公キャラクターを操作して突き進む、といったスタイルは一連のアクションゲーム好きにはたまらない設定だ。

f:id:stgk:20191221193257p:plain

ゲームモードはギアを操作する一人用ストーリーモードのNORMAL MODEと、作中登場ボス達も交えて1vs1の対人モードで楽しめるVS MODEの2種類。

VSモードはギアと各ステージボスから1人を選択して1vs1で対戦するといった内容のほぼオマケ同様のゲームモードなので、今回記事では紹介は割愛。

本記事では以降、NORMAL MODEについて紹介していく。

f:id:stgk:20191220173038p:plain

タイトル画面でOPTIONを選択すると各種設定が可能。

DIFFICULTYでは難易度の設定が可能で、VERY EASYからEXPERTの計6段階が用意されている。

LIVESで残機数を、CONTINUESではコンティニュー回数をそれぞれ設定可能だ。

(それぞれ最小は1、最大は5。コンティニュー回数は0に設定する事も可能)

本作は操作感がやや独特で、その影響もあり低難易度でも比較的高い難易度に感じやすい傾向にある。

慣れない内は残機、コンティニュー共にお世話になることも予測できるので、腕に自信がないプレイヤーはあらかじめ多めに設定しておくと良い。

SOUND MODEは音声の出力設定で、MONAURALSTEREOの2タイプから選択。

初期設定ではMONAURALとなっているため、プレイ環境に応じてSTEREOに切り替えておこう。

f:id:stgk:20191221193314p:plain

CONTROL SETUPはいわゆるキーコンフィグ。

本作では3タイプの攻撃アクションと防御、ジャンプなど一通りのボタンを利用する操作設計になっているので、開始前にここできっちり設定を行っておこう。

魔剣の使い手「ギア」のアクションを駆使して

立ち塞がるサイバーダイン達を退けよう

f:id:stgk:20191221191029p:plain

「ソードマニアック」の基本ゲーム構成はライフ制、残機制、制限時間制をそれぞれ搭載したステージクリア型のスクロールアクションゲームとなっている。

プレイヤーは魔剣の使い手「ギア」を操作して、ジーク・ダイン率いる人造兵器軍サイバーダイン達を退けながら、首領ジークの許へと近づいていく。全6ステージ制。

ギアの各操作は以下の通り。

  十字キー:移動

  Yボタン:アクション1

  Aボタン:アクション2

L/Rボタン:アクション3

  Bボタン:ジャンプ

  Xボタン:ガード

3つのボタンで魔剣を駆使した攻撃アクションを繰り出せるが、以下でその特徴を詳しく解説。

f:id:stgk:20191220181301p:plain

まずはYボタンで横薙ぎ攻撃。

ギアの前方をカバーする攻撃で最も隙が少なく、派生技はないがある程度の連発が可能。

その分、威力は控え目で必要最小限の殺傷力しか持ちえない。

比較的耐久力の低い対象相手に繰り出すのが相応しい使い方となる。

f:id:stgk:20191220181634p:plain

続いてAボタンで強威力の攻撃を発動。

前方にキーを入力したまま押す事で突き技へと変化する。

硬直がやや長いので、相手を確殺できる状況で使っていきたいアクションだ。

f:id:stgk:20191221191437p:plain

L/Rボタンで強威力の攻撃となるがこちらは剣による斬撃ではなく、その振りから前方へと発せられる衝撃波による遠隔攻撃技だ。

弾速はゆっくりだがこの衝撃波は貫通性はないものの、大半の敵弾をかき消す能力があり場面によっては起死回生の頼れるアクションとなる。

難点は、一度放つと画面から消滅するまでギアがモーションを取って硬直したまま動けないという特徴がある点。

適切でない場面で空撃ちしようものならその隙を狙われ、敵から思わぬ攻撃を喰らう原因にも成り兼ねない。誤射には特に気を付けたい技だ。

f:id:stgk:20191220181833p:plain

Yボタン及びAボタンによる攻撃は、ジャンプ中でもそれぞれ空中技を繰り出すことができる。

2つの内、地上で放つ場合と違って大きく変化しているのがAボタンによる攻撃で、上段から大きく振りかぶった後、真下に落下。しばらく振り降ろしのポーズを取ったまま硬直する、といった非常にクセのある動作になっている。

この落下時の一連の動作は空中で技が命中した際にキャンセルされるため、その場合は着地までの際の隙が大きく軽減される。飛び込みで撃つ分には前方付近を広範囲にカバーできる技でもあるので、空中では確実に当てていきたい攻撃だ。

f:id:stgk:20191221191901p:plain

Xボタンではガードを繰り出せる。

ガードを利用することで敵弾や敵の各種攻撃(一部除く)を防御可能だが立ち状態と屈み状態の2通りの防御姿勢があり、この目測を誤ると姿勢を取っていても防御が上手く機能しないことがある。

きちんと機能させるためには、各種攻撃の高度をよく見て立ち/屈み、それぞれ適切な姿勢で防御を行うことが重要だ。

格闘ゲーム風の画面構成なボス戦

手強いボスの撃破には一撃一撃のチャンスを大事に

f:id:stgk:20191220182214p:plain

ステージボス戦ではオープニングデモと同じようにビジュアルカットによるデモシーンが挿入され、雰囲気を盛り上げてくれる。

ステージ1ボスは、胸全面に巨大な薔薇の刺青を施したオネエ口調のタトゥーマンという強烈なキャラクターが登場。

f:id:stgk:20191220182549p:plain

道中ボス戦やステージボス戦では画面右上にボスのライフゲージ(緑色)が表示され、格闘ゲーム風寄りな画面構成となる。

1面ボスのタトゥーマンは最初のボス戦にしていきなりの難所となっており、難易度VERY EASYでも一切気が抜けない。

こちらの攻撃に合わせて的確に反撃を行ってくるため、迂闊に飛び込んだり無駄なアクションをするだけでもこちらが手痛いダメージを喰らいやすい。

上記の理由からも序盤にしてプレイ開始直後に詰まり易いボスだが、一応飛び込んでから空中で早めの強攻撃を当てた後サーベルの連続振り降ろしをやり過ごし、隙を見て再び飛び込み攻撃― の繰り返しで多少安定して攻められる。

次第に激化していく本作を攻略する上でこのタトゥーマンは本作全編の難易度の指標ともなっているので、まずは彼を倒す事を目標としてみよう。

パターン確立からの攻略アクション

難易度は高めだがハードな世界観が魅力の一つ

f:id:stgk:20191221192629p:plain

「ソードマニアック」はハードな世界観のアクションゲームであることがそのまま本作の見所の1つとなっており、作中を彩るドットグラフィックの完成度も高い。

幕間の各デモシーンのビジュアルも必見だが、ステージ中のグラフィックでは特に1面背景のネオンビル街の夜景が精緻で美しさを感じられる。

f:id:stgk:20191221192422p:plain

一方でそのレベルデザイン上、道中からボス戦に至るまで堅実なパターン攻略の確立が要求される。

ダイナミックな操作で敵をなぎ倒しつつ、グングン突き進んで攻略できるようなタイプのアクションゲームではないため、そういったプレイ感覚を求めているプレイヤーにとってはストレスがたまり易い。

f:id:stgk:20191221192235p:plain

それが顕著なのが各ボス戦で、高難易度の場合は的確にこちらの隙を突いた動きをしてくるため、全然歯が立たないといった状況を何度も体感することになるだろう。

難易度を落としてもある程度歯ごたえを感じられる設計になっているので、少しでも気楽に攻略を楽しみたい場合は迷わずVERY EASYを選んでみよう。

f:id:stgk:20191221192749p:plain

ステージクリア型のストイックな剣撃アクションゲームといった装いの「ソードマニアック」。孤高の剣士を操作するアクションゲーム好きな方は是非お試しあれ。

スポンサーリンク